本当に上手くなりたいならピアノ・ベーシック・トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いい演奏をするためには”一に練習、二に練習”ですが・・・

頑張って練習すると

手が痛くなったり
肩こり・首こりや腰痛に悩んだりする
ピアノ弾きは少なくありません。

難しい曲を練習すれば手の痛みは仕方ない?

いいえ。それは大きな誤解です。

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンはピアノを弾くための基礎を身につけ、痛みや故障と無縁にあなたの演奏をもっと向上させます。

⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング

本当に上手くなりたい人のピアノ・ベーシック・トレーニング
今日の練習が明日の演奏を作り、 その延長に本番があります。 練習しなければならないことはみんな知っていますが・・・ 何より大切なのは、 ...

 

ピアノの椅子に座るのはカフェの椅子に座るのとは違います。

ピアノは椅子に座って弾きますが、
座る姿勢=演奏フォームの何が大切なのか、
意外にも知られていません。

⇒ 上達は座り方から|ピアノ演奏フォームの座り方3つのポイント

上達は座り方から|ピアノ演奏フォームとしての座り方3つのポイント
ピアノは椅子に座って弾きます。 つまり・・・ ピアノ弾きにとって、ピアノの前に座る姿勢は演奏フォームです! スポーツ選手がフォームを変えて...

 

伊奈葉子 / Yoko Ina ~ Piano Teacher

5歳の時にピアノと出会い、
好きで弾き始めました。

大人になり、
演奏活動とレッスンに忙しい毎日、
夢は叶ったかのようでした。

けれど、練習すると手が痛くなり、
本番の緊張から手が震える・・・

人一倍の努力でなんとか頑張るも
ついにフォーカル・ジストニアで挫折・・・

 

上手くなりたくて練習したはずなのに、
レッスンを受けていたのに、

なぜ弾けるようにならないのだろう?
痛みに悩み、故障して弾けなくなったのはなぜだろう?

私もとても悩みました。
だから悩む人のことはよくわかります。

そして、ピアノ・ベーシック・トレーニングと考案しました。

ピアノの先生は自分の生徒をいたずらに苦しめてはいけないのです。

⇒ プロフィールへ

伊奈葉子 / Yoko Ina Piano Teacher
Fantasie Imageをご訪問くださり、ありがとうございます。 ピアノ教師 伊奈葉子です。 ピアノの練習で身体を痛めることなく、 日々...