練習!練習!っていうけれどその練習で大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いい演奏をするためには
”一に練習、二に練習”ですが・・・

練習によって
手が痛くなったり
肩こり・首こり、腰痛は
仕方ないと思っていませんか?

手が小さい、指が弱いと
いたずらに悩んでいませんか?

指は全身の一部で、
身体と心と頭は切り離せない”自分自身”です。

⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング

本当に上手くなりたい人のピアノ・ベーシック・トレーニング
今日の練習が明日の演奏を作り、その延長に本番があります。   練習しなければならないことはみんな知っていますが・・・ 何より大切なのは、 ...

 

大人のためのクラシックピアノ

大人になってからピアノを始める人&再開する人のためnoteを始めました(2020年7月)。

ショパンのノクターンやワルツ
リスト『愛の夢 第3番』
ドビュッシー『月の光』
・・・
クラシックの作品を弾きたい人のために綴っていきます。

音楽、自然、読書とお茶時間を愛するピアノ弾き伊奈葉子。大人になってピアノを始めた方&再開する方のために、特にクラシックについて綴っています。子供の頃から弾き続けてきたピアノと大人になって始めたヴァイオリン・囲碁・クラシックバレエから大人のピアノを応援します。

 

ピアノの椅子に座るのはカフェの椅子に座るのとは違います

ピアノは椅子に座って弾きますが、
座る姿勢=演奏フォームの何が大切なのか、
意外にも知られていません。

⇒ 上達は座り方から|ピアノ演奏フォームの座り方3つのポイント

上達は座り方から|ピアノ演奏フォームとしての座り方3つのポイント
ピアノは椅子に座って弾きます。 つまり・・・ ピアノ弾きにとって、ピアノの前に座る姿勢は演奏フォームです! スポーツ選手がフォームを変えた...

 

FAQ~よくあるご質問にお答えしています

指が弱い、手が小さいなどのお悩みや、
ピアノ・ベーシック・トレーニングについて
よくあるご質問にお答えしています。

⇒ FAQ|よくあるご質問

FAQ|よくあるご質問
ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンのよくあるご質問にお答えしています。 ご質問の前にご確認くださいね。   ピアノ・ベーシック・...

 

伊奈葉子 / Yoko Ina 

5歳の時にピアノと出会い、
好きで弾き始めました。

学生時代から教え始め、演奏活動を開始。
演奏にレッスンに忙しい毎日を送り、
夢は叶ったかのようでした。

けれど、練習すると手が痛くなり、
本番の緊張から手が震える・・・

人一倍の努力でなんとか頑張るも限界を超えて挫折・・・

 

上手くなりたくて
練習して、レッスンを受けていたのに、

弾けなくなったのはなぜだろう?

私もとても悩みました。
だから悩む人のことはよくわかります。

ピアノの先生は生徒をいたずらに苦しめてはいけないのです。

⇒ 詳しいプロフィールへ

伊奈 葉子 / Yoko Ina 
Fantasie Imageをご訪問くださり、ありがとうございます。 ピアノ弾き 伊奈葉子です。 手が小さい・指が弱いなどの悩みを抱...