ブランディングとマーケティングはまずこの本!売上げ前年比3倍超えのコンサル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客して売上げアップするってどうしたらいいのだろう?

多くの人が、まずビジネスコンサルやセミナーに行くでしょう。

私は、ビジネスコンサルにもビジネスセミナーにも行ったことはありません。

ブログセミナーは2つほど行っただけで、コラボセミナーを開催してしまいました。

【終了】ブログで集客するなら知っておきたいこと【9/22阿部隆昭×Inaコラボセミナー】
このセミナーは修了しました。 今、この記事を見ているあなたはこんなことを考えていませんか? 「ブログで人生を変えよう!」って言...

とは言え・・・

私は独学派であって、
自己流や我流ではありません。

私の一番の師は本です。

私Inaが、はじめてのビジネスコンサルで売上げ前年比3倍超えを実現した(2017年6月現在)物語第4話は、ブランディングとマーケティングの本のお話です。

作品を創って売りたい人、
お教室でレッスンしたい人・・・

アーティストやクリエイターがまず読みたい本をご紹介します。

はじめから読みたい方はこちら。

第1話 コンサル前夜|私のはじめてのビジネスコンサルはこうして始まりました。

第2話 ターゲットは志向性と方向性で考える|はじめてのターゲット設定

第3話 心が動けば人は動く|3か月で目に見える成果をあげるコンサル

クライアントさんのご感想はこちら

【ビジネスコンサルご感想】前年比3倍超をもたらしたのは「もっとハッピーに!」
ビジネスコンサルとは、集客アップ・売上アップの具体的成果を出すこと。  アーティストとクリエイターのためのビジネスコンサルご利用1...


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


高くても売れるためには強いブランドを築くこと

コンサル開始からちょうど3か月が過ぎた時に、2つのイベントが満席になったことで自信とモティベーションがグンと上がり、色んなことが加速度的に進むようになりました。

3か月で成果を出したら、次はビジネスを継続的に成長させていく段階へ入ります。

収益がなければビジネスではありません。

こだわりの商品はふさわしい価格設定をして、利益を出し続ける仕組みを作らなければなりません。

クライアントさんのこだわりのある、決して低価格ではない商品やレッスンを購入していただくための鍵を握るのが

ブランディング

です。

アーティストとクリエイターがブランディングを学ぶならこの本!

ブランディングの勉強と実践のために私Inaが選んだ本は

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方

です。

Simple is best!

とはこの本のためにあるような言葉だと感心するほとに、必要なことがとてもコンパクトにわかりやすく書かれています。

わかりやすいだけでなく、行間から伝わってくる空気がとても洗練されていてスマートです。

とかく無機的で硬い印象のビジネス書が苦手なアートやクリエイトな方々にも空気感や温度感が合うという点で、Inaのイチ押しです。

ぜひ手にとってみてください。

では、中身を簡単にご紹介しましょう

”モノ”から”ブランド”になれば高くても売れる|ブランディング

ブランディング、ブランディングと言われますが、
なぜ重要なのでしょう。

ブランディングが不可欠なのはこれに尽きます。

強いブランドを築けば高くても売れる。

適正価格で売り、収益が上がるビジネスにするためには強いブランドにしなければならないのです。

ブランディングとはひと言で何?

さて、ブランドとは何でしょう?

著者佐藤圭一氏によれば

「頭の中に存在する価値やイメージのかたまり」が「ブランド」です。

たとえば、アップルのロゴを見て何を感じますか?
ドン・キホーテと聞いて、どんなイメージを持ちますか?

・・・その会社の名前を見て聞いて、思い浮かぶこと、感じることのすべてがブランドなのです。

そして、そのブランドを頭の中に作っていくことがブランディングだと言います。

”モノ”から”ブランド”になるメリット

  • 他とのちがいがわかるので、選ばれやすくなる
  • 好きになってもらえれば、選ばれ続ける
  • ファンになってくれれば、価格が高くても選んでもらえる

こうして、収益を高めていけるようになると著者は言います。

・・・ということから始まって、実際にどうやってブランドを築き、育てていくのか、具体的な方法が書かれています。

有名企業の例が詳細にあげられているので、とてもわかりやすいです。

好きなことややりたいことを単なる活動レベルから収益を上げるビジネスにしたい人には絶対におすすめな本です。

売るとは心を動かすこと|マーケティング

さて、ブランディングは長い目で見てビジネス成長に不可欠なものです。

一方で、今目の前の商品を売るという時に考えるのがマーケティングです。

売るとはどういうことか?
どうしたら売れるのか?

熟読に値する本としてこの3冊を選びました。

 

『コトラーのマーケティング3.0ソーシャル・メディア時代の新法則

実践マーケティング思考「論理思考&イメージ発想」スキルを鍛える7つのツール

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

この3冊が目指すところはみんな同じで、要するに

顧客の創造、価値の創造

単に顧客のニーズに応えているだけではダメだよということなのです。

中でも一番やさしく、わかりやすいのが、

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

です。

心が動けば人はお金を出す|「買いたい!」のスイッチを押す方法

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解くの著者である小坂裕司氏は大学時代の専攻が美学というだけあって、モノを買う消費者の『心の動き』というものをとても繊細にとらえています。

ビジネス書の殺伐とした空気はこの本にはありません。

モノを売りたければ、心を動かせばいいのね・・・

ということが腑に落ちる本です。

わかりやすさと空気感という点で、作品を売りたい!教室に生徒を集めたいアーティストとクリエイターにイチ押しです。

コトラーのマーケティング|神様の本を読まずして何も始まらない

フィリップ・コトラーはマーケティングの神様と呼ばれる人です。

神様と言われたら、やはり、

神様の言う通り~♪

ですから読まないわけにはいきません。余力があればこれは目を通すといいです。

『コトラーのマーケティング3.0ソーシャル・メディア時代の新法則

こういう本は1度読んだだけではよくわかりません。

内容が濃いし、深いし、硬いです。
正直、私はこの本についてコメントできるほどには理解していません。

とは言え、

わからないなら読まなくてもいいじゃん、
読むだけ時間の無駄・・・

と思うのは、間違いです。

こういう本は、まずその空気に触れることが大切なのです。

たとえば、お経を考えてみてください。意味がわからなくても唱えることに意味があると言われます。

南無阿弥陀仏と唱えれば誰でも極楽浄土に行けると説く宗派さえあります。

あれに似ていて、よくわからなくてもとにかく最後までページをめくってその本が持っているものに触れることが大切なのです。

すぐに役立つものはすぐに役に立たなくなる。橋本武(灘校伝説の国語教師)

ということは、長く役立つものは、今すぐには役立たないとも言えるのです。

論理思考と想像力を自由に往来する|実践マーケティング思考

もう1冊、これもおすすめです。

実践マーケティング思考「論理思考&イメージ発想」スキルを鍛える7つのツール

結局、売るってアイディアと戦略です。

つまり、考えることが大事!

論理思考とイメージ発想とは、左脳思考と右脳思考。

左脳と右脳を自由を往来することで柔軟に考え、売れる発想をしようね、売る戦略を立てようね、そのための具体的な方法は7つあるよ、という本です。

実は、この論理思考&イメージ発想というのは、私にとってごく自然にできるいわば”強み”です。

そのことを確信させてくれるとても心強い本です。

売りたい人はブランディングとマーケティングのこの2冊を読もう!

さて、実際に売るのはクライアントさんです。
収益を上げるのもクライアントさんご自身です。

ご自身のブランディングやマーケティングについての理解度は売上に直結!

ということで、この2冊をご一緒に読みました。

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

2冊に2か月ほどかけて熟読、
もちろんワークもやりました!

自分たちのブランドとは?

白熱した議論を重ね、しっかり考え、日々のタスクに反映させていきました。

その成果についてクライアントさんご自身の記事がこちらです。

2016年6月から2017年6月のKOLMEの売上が、その前の1年間の3倍に増えました。 売上が増えた要因の一つに、リピーターのお客様ができたことが挙げられます。 その数字を達成するために、写真が大きな役割を果たしました。 今回は、KOLMEがどうやって写真を使い、 売上アップにつなげたのかをお話しします。

この2冊をしっかり読めば、ブランディングとマーケティングの基本は身に付きます。

アーティストやクリエイターなど個人事業主なら、この2冊で十分!

読んだことが血肉になる読書についてはこちらでお伝えしていますよ~。。。

【9/6~】誰でも読書革命!『嫌われる勇気』で自分を進化させる
いきなりですが、質問です。 自分のやりたいことをやっていますか? 人の思惑など気にせずに、言うべきことをちゃんと言えますか? ...

・・・3か月で成果が出た一方で私が悩んでいたこと

さて、ここまでの4話はふつーの話です。

ふつーに言われていることを
ふつーにやったら、
ふつーに成果が出たという話です。

コンサル開始から3か月が過ぎて、成果が出始めた頃に私は悩んでいました。何を悩んでいたかというと、

  1. クライアントさんの、その価格帯のその商品を購入する人が何を考えているかわからない。
  2. 本に書いてあることは、「ふむふむ・・・」とうなずけるけれど、リアリティがない。

なぜかといえば、

ビジネスの現場を知らない

からです。

だって、学生時代からピアノを教えはじめて、2012年までず~~~っとピアノと音楽の世界しか知りません。いくつかアルバイトはしたものの仲間と楽しくやっていただけで、経営の裏側など考えたこともありませんでした。

この致命的な問題を解決するために、私は思い切った行動に出ました。その時、背中を押してくれたのは、演劇をテーマにしたいつ終わるともしれない果てしない連載のただ中にあるコミック、美内すずえ『ガラスの仮面』の姫川亜弓と北島マヤです。

次回はそのお話です。。。

この体験から「ビジネスはシンフォニーだ!」に至りました。

まだまだ続きますのでお楽しみに~。

素晴らしい成果をあげたクライアントさんのご感想はこちらです。

【ビジネスコンサルご感想】前年比3倍超をもたらしたのは「もっとハッピーに!」

【ビジネスコンサルご感想】前年比3倍超をもたらしたのは「もっとハッピーに!」
ビジネスコンサルとは、集客アップ・売上アップの具体的成果を出すこと。  アーティストとクリエイターのためのビジネスコンサルご利用1...

はじめてのビジネスコンサルでいきなり売上げ前年比3倍超えを実現したコンサル物語をはじめから読みたい方はこちら。

⇒ 第1話 コンサル前夜|私のはじめてのビジネスコンサルはこうして始まりました。

⇒ 第2話 ターゲットは志向性と方向性で考える|はじめてのターゲット設定

⇒ 第3話 心が動けば人は動く|3か月で目に見える成果をあげるコンサル

「私も続く!」コンサルへのお申込みはこちら。

⇒ アーティストとクリエイターのためのビジネスコンサル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪