8月の音楽カレンダー(2)プレートル、メスト、ヴェンゲーロフetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシック音楽という素晴らしい世界があるのは音楽家たちのおかげ・・・

8月11~20日ゆかりの音楽家を紹介しています。

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


8/11はオルガニスト ヘルムート・ヴァルヒャの命日

8月11日はドイツのオルガン・チェンバロ奏者ヘルムート・ヴァルヒャ(Helmut Walcha)の命日。

1907年ドイツ・ライプチヒ生まれ。幼い頃に天然痘を患い、その後遺症で極度の弱視となったため楽譜全体を見ることができず、各声部を別々に読み取って記憶し、組み合わせて一つの楽曲にまとめ上げるという気の遠くなるような作業でオルガンに親しみ、専門教育を受けますが、16歳の時に完全に失明。

それ以降は母親が、結婚後は妻が左右の手(と、オルガンの場合は足鍵盤)のパートをそれぞれ別々に演奏し、それぞれを絶対音感によってしっかり記憶に焼き付けてから一つの楽曲へとまとめ上げ、バッハの鍵盤作品は40歳頃までに異稿まで暗記したと伝わっています。

J.S.バッハ トッカータとフーガ へ長調 BWV540より。
穏やかで牧歌的な演奏にしみじみ幸せになります。

8/12は作曲家ヤナーチェクの命日

8月12日はレオシュ・ヤナーチェク(Leoš Janáček)の命日。

チェコ出身の作曲家ヤナーチェクは1928年74歳の生涯を閉じました。

チェコとひと口に言っても、ドボルジャークやスメタナの生まれたボヘミアが長調が多いのに対し、ヤナーチェクのモラヴィアは短調が多いなど何かと対照的です。

「民俗音楽と芸術音楽は一つの管で繋がっているようなものである」と考えたヤナーチェクは、モラヴィア民謡から音楽の基礎を会得したと言われます。

ピアノソナタ第1番《1905年10月1日》をアルド・チッコリーニの演奏で。。。

8/13はソプラノ歌手キャサリン・バトルの誕生日

8/13はアメリカ合衆国出身のコロラトゥーラ・ソプラノ歌手キャサリン・バトルの誕生日。

子供の頃から歌が上手いと言われシンシナティ・カレッジ音楽院に進み音楽教師になる。

個人的に研鑽を積み、シンシナティ交響楽団のオーディションを受けると、指揮者シッパーズに感銘を与えて、1972年にイタリアのスポレト音楽祭に出演する機会をつかみ、1977年にはメトロポリタン歌劇場にデビュー。

1987年、ウィーンフィルのニューイヤー・コンサートでカラヤンと共演し、ヨハン・シュトラウス2世の春の声を披露しました。

日本では、1986年夏、ニッカウヰスキーのCMで「オンブラ・マイ・フ」を歌い、一躍有名になったので、記憶している人も多いことでしょう。

「オンブラ・マイ・フ」は、ヘンデルのオペラ『セルセ』より第1幕第1場の中のアリアです。

8/14は指揮者ジョルジュ・プレートルの誕生日

8月14日は指揮者ジョルジュ・プレートルの誕生日。

1924年フランス生まれ。作曲家に憧れ、 ドゥエー音楽院でピアノを学び、1935年11歳の歳にパリ音楽院へ進学。トランペット、和声法、指揮法を学ぶ。

1946年、マルセイユ市立オペラで指揮者デビュー。1970年から1971年までパリ・オペラ座の音楽監督に就任。

カラヤンの推挙により、1962年にウィーン国立歌劇場にて『カルメン』ドイツ語版でデビューする。1986年から1991年までウィーン交響楽団第一客員指揮者を務め、その後終身名誉指揮者。1996年から1998年まで南西ドイツ放送シュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者、名誉指揮者。

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートに2008年と2010年に登壇。

2008年のニューイヤーより『美しき青きドナウ』を聴きましょう。

8/15はピアニスト ジュリアス・カッツェンの誕生日

8月15日はアメリカ合衆国出身のピアニストジュリアス・カッツェン(Julius Katchen)の誕生日。

1926年ニュージャージー州生まれ、10歳でモーツァルト ピアノ協奏曲第20番を演奏してデビューした神童。

肺がんのため39歳という短い生涯でしたが、ブラームスのピアノ独奏曲とピアノ協奏曲のすべてを録音しました。

色々と素晴らしい音源がありますが、バラキレフ「イスラメイ」が気持ちよいです。

8/16は指揮者フランツ・ウェルザー=メストの誕生日

8月16日は、オーストリアの指揮者フランツ・ウェルザー=メスト(Franz Welser-Möst)の誕生日。

1960年オーストリア・リンツ生まれ、はじめはヴァイオリニストを目指すも、交通事故によって指揮者志望へ転向。

1979年、19歳の時にカラヤン国際指揮者コンクールで最年少セミ・ファイナリストの一人に選ばれました。

2011年と2013年にはウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを指揮し、高い評価と人気を得ています。

・・・個人的にとても好きな指揮者です。

レイフ・オブ・アンスネスのピアノとクリーヴランド管弦楽団で、モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453をどうぞ。

8/16は作曲家・声楽教師ニコラ・ポルポラの誕生日

8月17日は、イタリアバロック後期の作曲家・声楽教師ニコラ・ポルポラ(Nicola・Antonio・Porpora)の誕生日。

1686年ナポリ生まれ。オペラの作曲と優れた歌手を育てた名教師として知られます。

ナポリからヴェネツィア、ドレスデン、そしてウィーンと当時の政治状況によって活動の地を転々としたポルポラは、ウィーンで若きハイドンに出会い、その才能を見抜きます。付き人のように学んだハイドンは後に「ポルポラは作曲の真の原理を教えてくれた」と語りました。

詩篇130編の聖句による『深き淵より』を聴きましょう。

8/18は作曲家サリエリの誕生日

8月18日は、アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)の誕生日。

1750年イタリア生まれ、幼少時より音楽の才能を示し、16歳でウィーンの宮廷へと招かれ、33歳の年に宮廷楽長に任命され、ほぼ生涯その職にあり高い社会的地位から、ハイドンなど著名な音楽家と交流。また、優れた教育者としてベートーヴェン、シューベルト、リスト、ツェルニー、フンメル、マイアベーア、モーツァルトの息子フランツ・クサーヴァーが指導を受けました。

映画『アマデウス』では悪役として描かれていますが、実際には名実両面で成功したため、才能のある弟子や生活に困る弟子には支援を惜しまず、慈善コンサートの開催や有力諸侯に音楽家支援の手紙を書くなど、実は慈善家だったようです。

長くウィーンに暮らすも、最後までドイツ語は上手くなかったらしいサリエリのシンフォニア ニ長調 その名も「ヴェネツィア人」 を、いい人だったに違いないと思う音楽です。

8/19はヴィオリニスト ジョルジュ・エネスクの誕生日

8月19日はヴァイオリニスト ジョルジュ・エネスク(George Enescu)の誕生日。

1881年ルーマニア生まれ。「愛の喜び」「愛の悲しみ」などのヴァイオリン曲で知られるクライスラーやロン・ティボーコンクールのあのティボーと共に20世紀前半の三大ヴァイオリニストの一人として知られますが、実は多才で作曲家、ピアニスト、指揮者、音楽教師としても活躍しました。

ヴァイオリンの弟子には、ユーディ・メニューイン、アルテュール・グリュミオー、クリスチャン・フェラス、イヴリー・ギトリスらが、作曲の弟子には「トランペット吹きの休日」や「シンコペイテッド・クロック」で知られるルロイ・アンダーソンがいます。

音源は沢山残っていますが、古い録音のため音質があまりよくなくて、本当はどんな演奏だったのかわかりにくいです。

そんな中でも、このヘンデルのソナタ第4番はエネスクらしさがどういうものなのか垣間見える演奏です。

8/20はマキシム・ヴェンゲーロフの誕生日

8/20はヴァイオリニスト マキシム・ヴェンゲーロフ(Maxim Aleksandrovich Vengerov)の誕生日。

1974年シベリア・ノヴォシビルスク生まれ、ユダヤ系で現在はイスラエル在住。

幼少時より神童ぶりを発揮し、活躍。華麗な技巧と力強い表現で人気を博すも右肩の故障のために2008年から演奏活動の休止、指導者、指揮者としての活動に専念していましたが、2011年から再びヴァイオリンの演奏活動を再開し、2012年2月にはロンドンの王立音楽アカデミーの教授に就任しました。

音源は休止直前2007年のモンティのチャルダッシュですが、見ていると右肩の故障も無理からぬ感じがしますね。。。

身体に負担をかけない演奏スタイルが理想ですが、なかなかそうはいかないのが難しいところです。

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら