8月の音楽カレンダー(3)バーンスタイン、ベーム、パールマンetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシック音楽家たちをカレンダーで紹介するInaの音楽カレンダー。

8/21〜31ゆかりの音楽家たちです。

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


8/21はピアニスト ミロスラフ・クルティシェフの誕生日

8月21日は、ロシアのピアニスト ミロスラフ・クルティシェフ(Miroslav Kultyshev)の誕生日。

1985年サンクトペテルブルク生まれ、6歳で演奏会を開き、10歳でサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲Kv.466を共演し、10代でゲルギエフ、テミルカーノフらと世界各地を演奏した神童くん。

コンクール経験がないまま演奏活動を続けるも、サンクトペテルブルク音楽院の恩師に「今やコンクールは避けて通れない」に強く勧められ、2007年チャイコフスキー国際コンクールに出場、第2位(最高位)に入賞しました。

この時の演奏をストリーミング配信で聴き、大きな衝撃を受けて以来、個人的に非常に思い入れのあるピアニストです。

とても個性的で、キレイな型に納まりきれないパッションが何とも言えず魅力です。独特のリズムとか、アクの強さとか、クルティシェフ節というか・・・要するに、刺さる人には刺さる演奏です。

そうそう、奥様は彼と同じ年にチャイコフスキー国際コンクールに出場し、ヴァイオリン部門で優勝した神尾真由子さん。

この2人の結婚が伝えられた時の驚きと言ったら、もう何と表現したらよいのでしょう。。。

2017年1月のサンクトペテルブルクでのリサイタルです。

・・・お嬢様にメロメロの日常が垣間見えるような愛情深い演奏です。

8/22はドビュッシーの誕生日

8月22日はフランス近代の作曲家クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy)の誕生日。

1862年パリの隣のイヴリーヌ県生まれ。

耳当たりのよい作品は広く一般にも人気ですが、実は気難しい人で内向的かつ非社交的だったようです。

パリ音楽院時代にも不満や文句が多く、ギローなど担当教師らを困らせていたとか。

また、異性関係のトラブルも伝えられています。

同時代のラヴェルと並べられることが多いですが、ラヴェルは実は保守的で、本当に革新的なのはドビュッシーなのですよね。

ピアノ弾きのドビュッシーとして何がいいか考えましたが、涼し気に『映像』第1集と第2集をアルトゥール・ベネデッティ・ミケランジェリのピアノでどうぞ。

8/23はモシュコフスキーの誕生日

8/23は、ポーランド出身のユダヤ系ピアニスト、作曲家、指揮者モーリッツ・モシュコフスキー(Moritz Moszkowski)の誕生日。

1854年現ポーランドのヴロツワフ生まれ。

ピアノ教育のカリキュラム的には、チェルニーが終わってショパンのエチュードを弾く前にやるのがモシュコフスキーということになっていますが、実際には弾かない人が多いかもしれません。

私も、チェルニー50番終わってモシュコフスキーやらずにショパンのエチュードを(無理矢理)弾きました。

現代ではピアノ弾きでも知らない人が多いですが、当時はかなり人気だったようです。

華やかな曲が多く、あのホロヴィッツはよくアンコールで弾いていました。

8/24はヴァイオリニスト ヴァーシャ・プルシーホダの誕生日

8月24日は チェコのヴァイオリニスト ヴァーシャ・プルシーホダ(ヴァーシャ・プシホダ、Váša Příhoda)の誕生日。

1900年南ボヘミア州生まれ、ヴァイオリン協奏曲の父より3歳からヴァイオリンの手ほどきを受け、プラハ音楽院へ入学、1913年にプラハでデビュー。

第一次世界大戦後演奏活動を本格化させるも人気が出ず、生活費を稼ぐためにイタリア・ミラノのカフェでヴァイオリン弾きのアルバイトをしていたある日、客のひとりとして訪れていたアルトゥーロ・トスカニーニに「現代のパガニーニだ!」と見いだされて一躍国際的な名声を手にしました。

確かに凄いパガニーニ「ネル・コル・ピュウ」です。

8/25はレナード・バーンスタインの誕生日

8/25は、ユダヤ系アメリカ人の作曲家、指揮者、ピアニスト レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)の誕生日。

1918年マサチューセッツ州生まれ、アメリカ生まれの指揮者としてはじめてニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に就任したのが1958年、40歳の年。

カラヤンと何かにつけ比較されるなど話題も多い人でした。

作曲家としては、ミュージカル「ウエスト・サイド物語」で広く知られます。

その「ウエスト・サイド物語」よりシンフォニック・ダンスを自身の指揮でどうぞ。。。

8/26はN響ゆかりの指揮者サヴァリッシュの誕生日

8月26日は指揮者ヴォルフガング・サヴァリッシュ(Wolfgang Sawallisch)の誕生日。

1923年ミュンヘン生まれ、1964年11月の初来日以来ほぼ毎年のように来日、NHK交響楽団とは相思相愛状態が長く続き、1967年に名誉指揮者、1994年に桂冠名誉指揮者に就任しています。

サヴァリッシュ自身、「日本の他のオーケストラとは共演したくない」と言うほどN響に惚れ込み、N響もまたサヴァリッシュに惚れ込んだとか・・・

とは言え、常任指揮者にはなっていないのですよね。

最後に音楽監督を務めたフィラデルフィアでベートーヴェンの田園交響曲をどうぞ。

8/27はヴィオラ奏者レベッカ・クラークの誕生日

8/27はイギリスのヴィオラ奏者で作曲家レベッカ・クラーク(Rebecca Helferich Clarke)の誕生日。

1886年イングランド・ハーロウ生まれ。厳しすぎる父親の影響や、女性ゆえの社会の偏見や事情に翻弄された人生を歩んだ人。

ヴィオラ奏者として、またヴィオラを主役にした室内楽で、同世代の女性作曲家の中でも個性的な作品を生み出した、実は音楽史上の重要人物です。

このヴィオラ・ソナタは、かなり独創的、フランスのギョーム・ルクーを彷彿させるような幻想的な雰囲気もあります。

個人的にかなり好きな作品。

ジェラール・コセのヴィオラ、カティア・アペキシェヴァのピアノでどうぞ。

8/28は指揮者カール・ベームの誕生日

8月28日は、指揮者カール・ベーム(Karl Böhm)の誕生日。

1894年オーストリア・グラーツ生まれ。

グラーツ大学で法律を学び、法学博士の学位を得ると同時に、グラーツ市立歌劇場の法律顧問をつとめていた父親の友人の紹介で、ブラームスの親友だったオイゼビウス・マンディチェフスキよりプライベートに音楽を学びました。

1917年にグラーツ市立歌劇場でデビュー、ハンブルク、ドレスデンなどを経て1943年ウィーン国立歌劇場総監督に就任。第二次世界大戦を経て、1954年再びその地位を得ますが1956年に辞任した後は”フリー”として活動するも、オーストリア大統領ルドルフ・キルヒシュレーガーに“(オーストリア)共和国が与え得る栄誉はすべて与えました”と言わせるほどの名誉職を贈られました。

とても控え目で地味な印象ながら、練習の厳しさは伝説的、それだけに関係者や聴衆の信頼は絶大だったベームが得意としたのはやはりオペラでした。

モーツァルト『フィガロの結婚』英語字幕付きです。

8/29はジョン・ケージ「4分33秒」が初演された日

8月29日は、ジョン・ケージ(John Milton Cage Jr.)の「4分33秒」が初演された日。

1952年8月29日、この作品「4分33秒」は、ニューヨーク州ウッドストックでの慈善コンサートで、ピアニストのデヴィッド・テューダーにより初演されました。

「テューダーは、演奏を始める素振りを見せながら、結局タイトルと同じ時間のあいだ、まったく音を出すことなく“演奏”を終えた」そうです。

ケージの考えは、音と沈黙の唯一の違いは、聴く意図の有無にあるということ。

ピアノを一切鳴らさずとも、集中して聴くことで、外で風がざわめく音や屋根に落ちる雨音など、周囲にあるさまざまな音が聞こえてくる。それら環境音もまた、ケージに言わせれば音楽だった。「音楽はいつも続いています。音楽を追い払うかどうかは私たちしだいです」と彼は宣言した

ケネス・シルヴァーマン『ジョン・ケージ伝』柿沼敏江訳、論創社・水声社。

初演時には大変な物議を醸したこの作品は、今なお「そもそも音楽とは何か?」を改めて考えさせられます。

私個人としては、《試み》や《問題提起》としての意義は認めるけれど、それ以上ではないし、好き嫌いを問われれば好きではなく聴きたい作品ではありません。

けれど、ただダラダラと音を流せば音楽になるのか、
正しい音の鍵盤を押し下げて音を出しさえすれば音楽なのか、

そういう「楽器の音」といわゆる「雑音」との違いは何なのか

「これは《音楽》ではないと言い切るあなたの言う《音楽》とは何ですか?」

という究極の問いを発し続けていると思います。

ご存知ない方、一度聴いてみてください。

8/30はピアニスト ディミトリス・スグロスの誕生日

8月30日は、ギリシャのピアニスト ディミトリス・スグロス(Dimitris Sgouros)の誕生日。

1969年、アテネ生まれ。

7歳でリサイタル・デビュー、10歳でアテネ国立音楽院のピアノ科教授に就任、12歳のときにロストロポービッチの指揮でラフマニノフの『ピアノ協奏曲第3番』を弾きカーネギー・ホールデビュー。13歳でラフマニノフの『ピアノ協奏曲第3番』英国ロイヤル・フェスティヴァルホールデビュー(ロストロポービッチ指揮/ロンドンPO)とまさに神童!

アルトゥール・ルービンシュタイに”私を含めたすべてのピアニストの中で最も優れている”と言わせ、愛用の金時計を贈られました。

現在は、演奏活動とともに教育と芸術を合わせた講義など、世界を飛び回っています。

ブラームスの1番のコンチェルト、とても骨太で才気あふれる演奏です。

8/31はヴァイオリニスト イツァーク・パールマンの誕生日

8/31はヴァイオリニスト イツァーク・パールマン(Itzhak Perlman)の誕生日。

1945年イスラエル生まれのユダヤ人。3歳の時、ラジオでヴァイオリンの演奏を聴いて感動しレッスンをはじめます。

4歳のとき、ポリオ(小児麻痺)にかかり、後遺症で下半身が不自由になるも、ヴァイオリンをあきらめることなく、アメリカ=イスラエル文化財団の奨学金を受けて、テル・アヴィヴ音楽院でリヴカ・ゴルトガルトに師事、10歳で最初のリサイタル、これをきっかけにイェルサレム放送管弦楽団の演奏会に招かれ、ラジオにも出演。

13歳の時、アメリカの人気番組「エド・サリヴァン・ショー」のタレント・コンクールに応募して優勝、翌1959年2月にリムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」やヴィエニャフスキの「華麗なるポロネーズ」を弾いて大絶賛を浴び、アメリカに留まることを決意。

アイザック・スターンの強い推薦を得てジュリアード音楽院に入学、名教師イヴァン・ガラミアンとそのアシスタントのドロシー・ディレイのもとで学びました。

パールマンの凄さは、何と言っても安定した超絶技巧でどんな難曲もニコニコと楽しそうに弾くところ!

伝説となっている逸話のひとつに、N響と共演した際のリハーサルで、ヴァイオリンパートが苦労している時に「私は足が不自由ですが、みなさんは手が不自由なようですね。」と言って、団員の苦笑を買ったとか・・・

ふつーは怒りますが、パールマンに言われたら笑うしかありません。

そして、技巧以上に素晴らしいのがどこまでも澄み切った晴れやかな音楽です。

世界は希望に満ちている・・・

そう語る彼の演奏で、サン・サーンス「序章とロンド・カプリチョーソ」をどうぞ。。。

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...

音楽カレンダーは、Inaのほぼ日クラシックTwitterでもご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら