2月の音楽カレンダー(2)ゴドフスキー、コレッリ、エッシェンバッハetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽家たちを誕生日・命日などに合わせて、ピアノ・弦楽器・管弦楽・・・の優先順位で紹介した音楽カレンダー2月11~20日です。

あなたの誕生日にゆかりの音楽家は誰でしょう?
記念日にゆかりの音楽家は?

嬉しい時に聴く音楽は喜びをさらに大きくしてくれて、
凹んだ時に聴く音楽は慰めをもたらしてくれます。

音楽のある毎日で心穏やかに、そして豊かにお過ごしください。

Inaの音楽カレンダーは、Inaのほぼ日クラシックTwitterでも毎日ご紹介しています。

Inaの音楽カレンダー2月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
クラシック音楽がある幸せ。。。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる演奏家たちの 誕生日や記念日...


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


2/11はフィルクスニーの誕生日

2月11日はピアニスト ルドルフ・フィルクスニー(Rudolf Firkušný)の誕生日。

1912年、チェコ生まれ、5歳の時にヤナーチェクと出会い、ピアノと作曲を学び、10歳でリサイタルデビュー、21歳でロンドンデビューして以来国際的に活躍するも、ナチス台頭の影響でアメリカに渡り、帰化、ジュリアード音楽院で教鞭をとりながら演奏活動を続け、日本にもたびたび来日していました。

祖国チェコのドヴォルザークやスメタナ、ヤナーチェクの音楽を得意としました。

ドヴォルザークの有名なユーモレスクは、全8曲のピアノソロ作品の第7番ですが、フィルクスニーの演奏で聴くと、「本当はこういう曲なのね!?」と新鮮な感動を味わえます。

ショパンのマズルカ同様、民族舞曲はDNAには敵いません。。。

2/12はレフ・ナウモフの誕生日

2月12日はロシアのピアニスト・ピアノ教師レフ・ナウモフ(Lev Naumov)の誕生日。

1925年旧ソ連生まれのナウモフは、かのゲンリヒ・ネイガウスの高弟としてモスクワ音楽院に学んだ後、アシスタントを務め、ネイガウス亡き後は約半世紀に渡り、モスクワ音楽院で教鞭をとりました。

弟子には、アレクセイ・リュビモフ、アレクセイ・スルタノフ、アンドレイ・ガヴリーロフ、コンスタンチン・シチェルバコフ、エフゲニー・コロリョフ、ボリス・ペトルシャンスキ・・・といった錚々たるピアニストが名を連ねています。

スクリャービンのエチュード作品42-5をレッスンしている映像が見つかりました。とても興味深いです。

英語の字幕入りなのでぜひどうぞ。。。

2/13はゴドフスキーの誕生日

2月13日はポーランド出身ユダヤ系ピアニスト レオポルド・ゴドフスキー(Leopold Godowsky)の誕生日。

1870年現リトアニア生まれ、幼少時のレッスンとベルリン音楽大学での3か月をのぞきほとんど独学。リストに師事しようとワイマールに赴くも既に他界、パリにでサン=サーンスに出会い養子縁組を申し入れられるも断り、アメリカに渡って結婚、市民権を得て活動することになります。

ピアニストの中のピアニストと呼ばれますが、創作も熱心。ショパンのエチュードのゴドフスキーバージョンのような編曲だけでなく、「ジャワ組曲」やピアノソナタなどオリジナル作品もありますが、いずれも、超難曲。。。

中でも、ホロヴィッツが「これを弾くには手が6本いるよ」と言ったのはパッサカリアこと「シューベルトの「未完成交響曲」の冒頭部による44の変奏、カデンツァとフーガ」。

こういう曲はどういう人が弾いているのかな?せっかくなら映像つきで「見たい」と検索したら出てきました。

ニューオーリンズでのコンクールの2次予選のようです。

2/14はロヴロ・フォン・マタチッチの誕生日

2月14日はユーゴスラビア出身でN響名誉指揮者として日本にもゆかりの深いロヴロ・フォン・マタチッチ(Lovro von Matačić)の誕生日。

1899年現ユーゴスラビア生まれ、9歳でウィーン少年合唱団に入団、ウィーン音楽アカデミーとウィーン市立音楽院で学び、1918年、19歳でケルン歌劇場の副指揮者に就任、1936年37歳の年に初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。

第二次世界大戦中に親独・親ナチ主義者として活動し、戦後もチトーに反対し続ける態度を取ったため、投獄され死刑宣告、処刑当日に収容所所長にピアノを弾くよう命令され、それを聴いた所長が「芸術家を死刑にするのは忍びない」と処刑を免れ、命拾いするもしばらくは活動停止が続きました。

ちなみに、この所長の娘がマタチッチ夫人です。

1954年ごろから活動を再開しドレスデン国立歌劇場、フランクフルト市立歌劇場音楽総監督、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1982年まで。後に終身名誉指揮者)、モンテカルロ歌劇場音楽総監督に就任。

最後の来日でN響定期を振ったブラームス交響曲第1番を・・・

身体も大きいですが、音楽のスケールも大きいです。

2/15はカール・リヒターの命日

2月15日は、ドイツの指揮者、オルガン・チェンバロ奏者カール・リヒター(Karl Richter)の命日。

牧師の子として生まれ、11歳のときドレスデン聖十字架教会付属学校に入り、同聖歌隊のメンバーとなり、20歳のときライプツィヒ音楽院に入学、聖トーマス教会のカントルであったカール・シュトラウベとギュンター・ラミンの下でび、24歳で教会音楽の国家試験に合格して聖トーマス教会のオルガニストに就任、25歳でライプツィヒ・バッハ・コンクールのオルガン部門で首席を獲得し聖マルコ教会(ミュンヘン)のオルガニストに就任、ミュンヘン国立音楽大学のオルガンとルター派教会音楽の講師に迎えられました。

その後、ハインリヒ・シュッツ合唱団の指揮者として主にバッハ作曲のカンタータを演奏する目的で指導し、ミュンヘン・バッハ合唱団と改称します。

28歳で、ソリストを募集し、ミュンヘン・バッハ管弦楽団を設立。

・・・もう生まれた時からバッハを演奏するべく運命づけられていたようなリヒターは1985年2月15日、滞在先のミュンヘンのホテルで54歳の生涯を閉じました。

J.S.バッハのパッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582を。

2/16はアレクサンダー・ブライロフスキーの誕生日

2月16日はウクライナ出身のピアニスト アレクサンダー・ブライロフスキー(Alexander Brailowsky)の誕生日。

1896年ウクライナ・キエフのユダヤ人の家庭に生まれ、キエフ音楽院の学生だった時にラフマニノフに見出され、ウィーンに留学してテオドル・レシェティツキの門下となり、1919年23歳でパリデビュー、1926年にフランス国籍を取得するも、ユダヤ人にとって困難な時世、結局米国に帰化しました。

ショパンの作品を得意としたと言われるようにサロン音楽的スタイルで、美しい響きと個性的な解釈を聴かせるピアニストであったので、アメリカの聴衆に広く支持されるというわけにはいかなったようです。

とは言え、録音も残っていますし、弟子には『心で弾くピアノ』で知られるセイモア・バーンスタインもいます。

ショパンのワルツ第2番の一部の映像が見つかりました。

古き佳き時代のヨーロッパのサロンの空気を彷彿される演奏ですが、凄いステージで弾いていますね。。。

2/17はコレッリとビルスマの誕生日

2/17はイタリアバロックのヴァイオリニスト コレッリとチェリスト ビルスマの誕生日です。

2/17はアルカンジェロ・コレッリの誕生日

2月17日はイタリアバロックのヴァイオリニスト・作曲家アルカンジェロ・コレッリ(Arcangelo Corelli)の誕生日。

1653年イタリア生まれ、バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディより32歳年上のコレッリは美しい旋律が特徴で、時代的な主流だった対位法的作品とはやや趣が異なる雰囲気があります。

コレッリといえば、やはりラ・フォリアですね。

ナタン・ミルシテインの渋い演奏で。。。

2/17はアンナー・ビルスマの誕生日

2/17はオランダ出身のチェリスト・バロックチェロの名手アンナー・ビルスマ(Anner Bijlsma)の誕生日。

1934年オランダ生まれ、ハーグ王立音楽院でカレル・ファン・レーウェン・ボームカンプに師事し、1959年、パブロ・カザルス国際コンクール(メキシコ)で優勝。

1962年から1968年までアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団首席チェロ奏者を務めるかたわら、グスタフ・レオンハルト、フランス・ブリュッヘンらとの親交を通じ、バロック・チェロ奏法を追究・確立。

バロックチェロで聴くバッハの無伴奏組曲第1番。
素朴な響きが語りかける音楽は心に染み入ります。

2/18はマレク・ヤノフスキの誕生日

2月18日はポーランド出身ドイツの指揮者マレク・ヤノフスキ(Marek Janowsk)iの誕生日。

1939年ポーランド人の父とドイツ人の母のもとワルシャワに生まれ、生後まもなくドイツへ移住し教育を受け、研鑽を積んできました。

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、モンテンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を経て2005年からスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督に就任。

・・・ドイツとポーランドとフランスという歴史的にも政治的にも対立と矛盾と問題をはらんでいる国々をつなぐヤノフスキは、ドイツ音楽を得意としているものの、そこにもドイツ的と言いきれない華やかさや粋な空気を感じます。

このシューマンの交響曲第3番「ライン」を聴いていると心の奥底から力が湧いてきて幸せになります。

2/19はギル・シャハムの誕生日

2/19はイスラエル人ヴァイオリニスト ギル・シャハム(Gil Shaham)の誕生日。

1971年、天体物理学者の父と遺伝学者の母がアメリカ滞在中に生まれたギル・シャハムは2歳からイスラエルで育ち、エルサレムのルービン音楽アカデミーのサムエル・バーンスタインのもとで7歳からヴァイオリンを始めます。

9歳の時にアメリカコロラド州の夏期音楽アカデミーで名教師ドロシー・ディレイに見いだされ、10歳でアレクサンダー・シュナイダー指揮エルサレム交響楽団との共演でデビュー、翌年にはズービン・メータ指揮イスラエル・フィルとの共演を果たし、その年にジュリアード音楽院の特別奨学生としてディレイのもとで学び、18歳からコロンビア大学で音楽以外の教養を深める学究肌のヴァイオリニスト。

サラサーテの『カルメン幻想曲』は技巧的な作品ですが、ギル・シャハムが弾くととてもクールなんですよね。

数学と音楽は仲良しだと感じさせてくれる演奏です。

2/20はエッシェンバッハの誕生日

2/20はドイツのピアニスト・指揮者クリストフ・エッシェンバッハ78歳の誕生日。

母は出産時に亡くなり、音楽学者だった父は第二次世界大戦中に戦闘で命を落とし孤児となったクリストフは母の従姉ヴァリドール・エッシェンバッハに引き取られました。

彼いわく、「悲惨な過去の生活のせいで口をきくこともできなくなっていたのである。ヴァリドール・エッシェンバッハはピアニストにして歌手、そして音楽教師で、夜遅くまでベートーヴェンやシューベルト、ショパン、ラフマニノフやバッハを弾いていた。私がまた口をきくことができるようになったのは、自分でも音楽を演奏したいか、と尋ねられて『はい』という言葉を発したときだった。」

この養母より音楽教育を受けピアノを学び、スタンウェイ・コンクールで第1位。

11歳のとき、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するフルトヴェングラーの演奏に感動し、「その日から」指揮者を志し、「指揮者になるためにはと養母ヴァリドールはヴァイオリンを買い与え、ピアニストとしてのかたわら、その後15年間ヴァイオリンも習い続けました・・・と数奇な運命で音楽家になったエッシェンバッハのキャリアは最初ピアニストとして始まり、モーツァルトのピアノソナタアルバムなどの録音があります。

40歳頃から指揮活動を始め、北ドイツ放送交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、パリ管弦楽団の音楽監督に就任しました。

子供の頃からエッシェンバッハといえばモーツァルトのイメージがあって、それも、若い頃はかなり美形だったのでスキンヘッドを見た時には正直ショックでした。

弾き振りでモーツァルトのピアノ協奏曲第23番第1楽章です。

Inaの音楽カレンダー2月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
クラシック音楽がある幸せ。。。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる演奏家たちの 誕生日や記念日...