2月の音楽カレンダー(3)チェルニー、セゴビア、ヘンデルetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月21~28日に誕生日など記念日の音楽家たちをピアノ・弦楽器・管弦楽・・・の優先順位で紹介しています。

あなたの誕生日にゆかりの音楽家は誰でしょう?
記念日にゆかりの音楽家は?

嬉しい時に聴く音楽は喜びをさらに大きくしてくれて、
凹んだ時に聴く音楽は慰めをもたらしてくれます。

音楽のある毎日で心穏やかに、そして豊かにお過ごしください。

Inaの音楽カレンダーは、Inaのほぼ日クラシックTwitterでも毎日ご紹介しています。

Inaの音楽カレンダー2月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


2/21はチェルニーとセゴビアの誕生日

2月21日は、ピアノ弾きなら誰でもお世話になったカール・チェルニーと「現代クラシックギター奏法の父」アンドレス・セゴビアの誕生日です。

2/21はカール・チェルニーの誕生日

2月21比はオーストリアのピアニスト・ピアノ教師・作曲家カール・チェルニー(Carl Czerny)の誕生日。

1791年ウィーンに生まれたチェルニーは、ベートーヴェンとクレメンティとフンメルの弟子で、リストとレシェティツキの師匠という、音楽史上絶妙なポジションにいます。

ですが、(特に日本では)練習曲のチェルニーとして知られ、子供時代の一時期に通り過ぎるだけで以後顧みられることがないのが実情でしょう。

かく言う私も、チェルニーの名前を見ただけで、胃の辺りにズン・・・と重いものを感じ、なんか古傷がうずくような、忘れていた暗い過去を思い出してしまったような・・・要するにいい想い出がありません。

音源あるのかな?とググったら、なんと!演奏会で弾いている人がいました。

日本的には「チェルニー50番」の名前で知られた練習曲集より7曲弾いています。

・・・50曲全部弾いたはずですが、全く記憶にありません。

2/21はアンドレス・セゴビアの誕生日

2/21はスペインのギタリスト アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia)の誕生日。

現代クラシック・ギター奏法の父と呼ばれるセゴビアは、1893年スペインに生まれ、4歳でギターに触れ16歳で演奏会を開き、数年後にはマドリッドでプロデビューしました。

セゴビアの演奏技巧は、当時主流だったタレガやミゲル・リョベートの指ではじく奏法とは違い、指の爪で弦をはじき、鋭い響きをひき出しました。

指か爪かという問題は、長らくクラシック・ギター演奏家たちの論争を引き起こしましたが、現代では爪ではじくのが主流のようです。

タレガの編曲やJ.S.バッハの作品をギターで演奏したセゴビアは当初、クラシック音楽界から受け入れられないだろうと思われていましたが、卓越した演奏技巧と独特なタッチで聴衆を驚かせ、魅了し、やがてクラシック音楽の演奏にもふさわしいとみなされるようになってきました。

コンサートホールで演奏するようになるにつれ、演奏時術の向上のみならず、楽器の改良をもくろみ、楽器製作者と協働して、今日のクラシック・ギターとして知られるようなデザインを編み出しました。

1928年35歳頃、アメリカ合衆国における演奏旅行の後、「ギター弾き」としてとして知られるようになり、スペイン内外の作曲界に感銘を与え、20世紀に数多くのギター作品が作曲されヴィラ=ロボス、カステルヌオーヴォ=テデスコらが作品をセゴビアに献呈しました。

J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュードを。

今では、当たり前にバッハのあの曲だと思って聴いてしまいますが、それをはじめてやって当たり前にしたのがセゴビアなのだと思うと感慨ひとしおです。

2/22はフレデリック・ショパンの誕生日かもしれない日

2月22日は、フレデリック・ショパン( Fryderyk Franciszek Chopin)の誕生日かもしれない日です。

誕生日かもしれないというのは、ジェラゾヴァ・ヴォーラの教会の洗礼簿によると2/22となっているからです。

ショパン本人と家族は3/1と主張していて、今となってはどちらか確かめようがありません。。。

誕生日かもしれないので作品1を聴きましょう。

意外に知られていませんが、ショパンの作品1ってノクターンでもマズルカでもワルツでもなくてロンドなんですよね。

2015年ショパンコンクールでのドミトリー・シンキンの演奏で。。。

2/23はヘンデルの誕生日

2月23日はゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel)の誕生日。

1685年ドイツに生まれ、27歳の時にロンドンに移住し後に帰化したため、ドイツとイギリスの両国とも自分の国の作曲家だと主張して譲りませんが、日本ではドイツの作曲家ということになっています。

同じ年に生まれたバッハが宗教音楽中心なのに対し、劇場音楽を中心に描いたヘンデルは鍵盤楽器のための作品も明るく華やかです。

シャコンヌ HWV 435をどうぞ。。。

2/24は安川加寿子さんの誕生日

2/24は安川加寿子さん96回目の誕生日。

音楽之友社から出版されている白い表紙のドビュッシー全集の校訂者安川加寿子さんは、1922年神戸市生まれ、生後間もなくから外交官の父の赴任先パリで育ち、 パリ国立高等音楽院ピアノ科でラザール・レヴィに師事し、プリミエ・プリで卒業。

1939年17歳の年に国際情勢悪化のため帰国し、1940年国内でのデビューリサイタルを開きますが、当時の日本は井口基成氏を中心にドイツ音楽主流だったため、「ベートーヴェンを弾けないのはピアニストではない」くらいの勢いで彼女には冷たい視線も向けられた時代があったようです。

1943年のサンサーンスのピアノ協奏曲第五番《エジプト風》の録音がありました。

軽やかに飛翔するようなタッチに驚きます。。。

2/25はマイラ・ヘスの誕生日

2月25日はイギリスのピアニスト マイラ・ヘス(Myra Hess)の誕生日。

1890年ロンドンでユダヤ系の家庭に生まれ、王立音楽アカデミーに学び、17歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏してデビュー。

第二次世界大戦中にコンサートホールが閉鎖されると、ロンドンのナショナル・ギャラリーなどでランチタイム・コンサートを企画・出演、大きな評判となり、この功績に対して、1941年にデイムの称号を授与されました。

モーツァルトやベートーヴェン、シューマンを中心にスカルラッティから現代まで幅広いレパートリーを有した彼女の名前が知られるのはバッハのカンタータ「主よ、人の望みの喜びよ」のピアノソロ編曲版でしょう。

なかなかの迫力なベートーヴェン『熱情』があります。
「鉄の女」を彷彿させます。

2/26はラザール・ベルマンの誕生日

2月26日はユダヤ系ロシア人ラザール・ベルマン(Lazar’ Naumovič Berman)の誕生日。

1930年にレニングラードで生まれたベルマンは、幼少時にエミール・ギレリスから「音楽界の神童」と呼ばれ、モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルに師事、スヴャトスラフ・リヒテルやヴラディーミル・ソフロニツキー、マリヤ・ユーディナからも指導を受け、10歳でモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団と共演してモーツァルトのピアノ協奏曲第25番を演奏し、公式デビューを果たしました。

1956年23歳でエリザベート王妃国際コンクールで5位に入賞、ソ連と東欧で演奏活動を行い、ハンガリーでは「リストの再来」と騒がれました。

1975年45歳でアメリカに演奏旅行、ニューヨーク・タイムズ誌は「ベルマンの目もくらむようなテクニックは、ホロヴィッツだけがライヴァルになることができるもの」と絶賛したと伝わっています。

西側での人気が高まるにつれ、ソ連当局との軋轢は深まり、1990年60歳にしてイタリアに移住しました。

1988年東京でのリサイタルがあります。

強靭なタッチと濃厚な表現・・・自らヴィルトーゾを自認していた通りの満腹になる演奏です。。。

2/27はギドン・クレーメルの誕生日

2月27日はドイツ人ヴァイオリニスト ギドン・クレーメル(Gidon Markusovich Kremer)の誕生日。

1947年ラトビア生まれ、両親と祖父がヴァイオリニストのクレーメルは16歳で国内コンクールで優勝、モスクワ音楽院に入学しダヴィド・オイストラフに師事。

22歳でエリザベート王妃国際音楽コンクール3位入賞、24歳でパガニーニ国際コンクールと翌年チャイコフスキー国際コンクールで優勝、西側で演奏し名声を得る中34歳でドイツに亡命、以後は後進の育成にも尽力し、ロッケンハウス音楽祭を創設して若く無名ながら有望な演奏家を積極的に出演させ、自ら交流にも努めています。

あまりにも有名なクレーメルですが、マルタ・アルゲリッチとのデュオでフランクのヴァイオリンソナタ他が見つかりました。

00:49’からクライスラー『愛の悲しみ』なんですけど・・・まあ、聴いてみてください。。。

2/28はギオマール・ノヴァエスの誕生日

2月28日はブラジル出身のピアニスト ギオマール・ノヴァエス(Guiomar Novaes)の誕生日。

1895年ブラジル・サンパウロに生まれたノヴァエスは、パリ音楽院においてイシドール・フィリップに師事。14歳でパリ音楽院の外国人枠2名のところ志願者が387人が殺到、モシュコフスキー、フォーレ、ドビュッシーが試験官として見守る中で、リスト「パガニーニ練習曲」、ショパン「バラード第3番」、シューマン「謝肉祭」を演奏し、首位で合格。ドビュッシーはその時のことを私信で、”小さいブラジル人の少女が壇上に現れ、聴衆や審査員のことを放念し、すっかり無我夢中でこの上なく美しい演奏を行なった・・・”感嘆の念を洩らしたそうです。

ということでショパンのバラード第3番を。とても瑞々しくのびやかな演奏に惚れ惚れします。。。

Inaの音楽カレンダー2月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...