7月の音楽カレンダー(3)アダン、グラナドス、ムーティetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21~31日ゆかりの音楽家たちをピアノ・弦楽器・管弦楽・・・の優先順位で紹介しています。

あなたの誕生日にゆかりの音楽家は誰でしょう?
記念日にゆかりの音楽家は?

嬉しい時に聴く音楽は喜びをさらに大きくしてくれて、
凹んだ時に聴く音楽は慰めをもたらしてくれます。

音楽のある毎日で心穏やかに、そして豊かにお過ごしください。

Inaの音楽カレンダーは、Inaのほぼ日クラシックTwitterでも毎日ご紹介しています。

Inaの音楽カレンダー7月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


7/21はヴァイオリニスト アイザック・スターンの誕生日

7月21日はユダヤ系ヴァイオリニスト アイザック・スターン(Isaac Stern)の誕生日。

1920年、現ウクライナに生まれ、1歳で両親とともにサンフランシスコに移住。母親からヴァイオリンの手ほどきを受け、サンフランシスコ音楽院に学ぶ。

16歳でメンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲を弾いてデビュー。

古典的なレパートリーの他、バルトーク、アルバン・ベルグなど20世紀の作曲家の作品の演奏も優れているそうですが、やはり聴きたいのはメンコンです。

個人的に、スターンの演奏はとても好きです。表面は淡々としていますが、底知れぬ深さと温かさに魅了されます。。。

7/22は指揮者ハンス・ロスバウトの誕生日

7月22日は、指揮者ハンス・ロスバウト(Hans Rosbaud)の誕生日。

1895年オーストリア・グラーツに生まれたロスバウトは、ピアニストの母親よりピアノのレッスンを開始し、フランクフルト・アム・マインのホーホ博士主宰の音楽院に進学。

1920年にマインツ市立音楽学校の校長に就任、1929年には新設のフランクフルト放送交響楽団の音楽監督に就任。

シェーンベルクやバルトーク・ベーラ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、パウル・ヒンデミット、エルンスト・クルシェネクたちの作品を上演して名声を得ていきます。

ナチスドイツ時代には活動を制約され、1937年には政治的理由でフランクフルトを追われ、ミュンスター、ストラスブールを転々とし、戦後ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団やチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の指揮者として復帰しました。

現代音楽の擁護者として知られるロスバウトですが、アニー・フィッシャーとのシューマン ピアノ協奏曲を聴きましょう。

7/23はピアニスト レオン・フライシャーの誕生日

7月23日はピアニスト レオン・フライシャー(Leon Fleisher)の誕生日。

1928年サンフランシスコにて東欧ユダヤ系移民の家庭に生まれ、4歳でピアノを学び始め、8歳でデビュー、16歳でピエール・モントゥー指揮のニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団と共演。

アルトゥール・シュナーベルにも師事し、1952年エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門で第1位入賞するも、1960年代に局所性ジストニアにより右手の自由を失い2000年代に回復するまで、左手だけのレパートリーによって演奏を続けました。

回復後の演奏でJ.S.バッハのカンタータBWV208『楽しき狩こそわが悦び(Was mir behagt, ist nur muntre Jagd!)』より第9曲 アリア「羊は憩いて草を食み(Schafe können sicher weiden)」のピアノバージョン、何とも安らぎに満ちた演奏です。

7/24は『ジゼル』の作曲者アダンの誕生日

7月24日はバレエ音楽『ジゼル』の作曲者アドルフ・アダン(Adolphe-Charles Adam)の誕生日。

1803年パリに生まれ、父親がピアニスト・音楽教師・作曲家だったものの特に英才教育を受けたわけではなく、即興演奏が好きで音楽と戯れる子供時代。

パリ音楽院に入学し、20歳までパリの劇団一座のために歌を書き、楽団指揮者や楽長も務めました。

アダンは、自ら出資し、莫大な借金を重ねて、1847年にパリで3つ目の歌劇場、テアトル・ナショナル座を開設するも、翌年の1848年革命によって閉鎖に追い込まれ、目も眩むような借金だけが残ったという波乱の人生を送りました。

・・・という話を知ると、『ジゼル』より第2幕が妙に腑に落ちます。

では、「ウイリの踊り」をどうぞ。

7/25はピアニスト中村紘子さんの誕生日

7月25日は、日本のピアニストといえば中村紘子さんと言われ、カレーのCMにも登場し、国民的ピアニストとして一時代を築いた彼女の誕生日。

好き嫌いはともかくとして、日本のピアノ界に大きな影響を与え、貢献したことは確かです。

2017年、ご主人である庄司薫氏と自宅で誕生日を祝った翌日にこの世を去りました。。。

・・・41歳頃の演奏でショパン 幻想即興曲です。

7/26はピアニスト アンジェラ・ヒューイットの誕生日

7月26日ピアニスト アンジェラ・ヒューイット(Angela Hewitt)の誕生日。

1958年カナダ・オタワ生まれながらオルガニストだった父親がイギリス人のためカナダとイギリスの二重国籍を持っています。トロントの国際バッハ・ピアノ・コンクールで優勝したこともあり、バッハ弾きとして知られます。

平均律クラヴィーア曲集第2巻より第13番 嬰へ長調。
爽やかな、涼を感じる演奏です。

7/27はスペインの作曲家グラナドスの誕生日

7月27日は、スペインの作曲家・ピアニスト エンリケ・グラナドス(Pantaleón Enrique Joaquín Granados y Campiña)の誕生日。

1867年カタルーニャ生まれ、ピアニストとしてイザイやジャック・ティボーとも共演しました。

「グラナドスはカタルーニャ人にもかかわらず、他の誰もがまねすることができないほどに、アンダルシアの陰の魅力を表現した。」というアルベニスの言葉通り、陰影の妙が独特の香気を放つ、スペイン舞曲集より「オリエンタル」のグラナドス自身の演奏です。

7/28は指揮者リッカルド・ムーティの誕生日

7月28日はイタリア・ナポリ生まれの指揮者リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)の誕生日。

1941年いたりあ・ナポリ生まれ、最初はピアニストとして研鑽を積んだので歌曲の伴奏なども務め、オペラ「椿姫」上演に際し、オーケストラがストライキを敢行すると、ひとりでピアノを弾いて開演させたという逸話もあります。

イタリア出身のピアニスト ポリーニのピアノでモーツァルト ピアノ協奏曲第21番をどうぞ。

7/29はシューマンの命日

7月29日はドイツロマン派の作曲家 ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)の命日。

ライプチヒ法科大学へ進むも、ピアニストを目指して当時名教師として有名だったフリードリヒ・ヴィークに師事、その娘クララとの結婚は父ヴィークの猛反対を最後には裁判によって乗り越えたものでした。

1856年46歳で生涯を閉じたシューマンの、なぜかマイナーな作品「フモレスケ」。シューマンらしい夢想的で気まぐれで無邪気でお茶目な作品です。

ピョートル・アンデルシェフスキーのピアノでどうぞ。

7/30は名伴奏者ジェラルド・ムーアの誕生日

7/30は数々の巨匠たちを支えたピアニスト ジェラルド・ムーア(Gerald Moore)の誕生日。

1899年イギリス生まれのムーアは、パブロ・カザルスをはじめ、エリザベート・シューマンやマギー・テイト、キャスリーン・フェリア、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ、ヘルマン・プライといったそうそうたる顔ぶれの歌手たちとの共演で知られます。

高校時代にムーアの著書「お耳ざわりですか?―ある伴奏者の回想」を読んで、伴奏ピアニストという仕事について興味を持つきっかけになり、音楽についての考えを深めました。

大学生になってすぐにヴァイオリンやチェロの伴奏をすることになって以来長い間、この本が私にとってのテキストであり師でもありました。

現代では、伴奏者という言い方はだいぶ少なくなり、共演ピアニストとか共演者という呼ばれ方をしますが、ムーアが若い頃には伴奏者は花の陰に隠れて客席から見えないようになっていたとか、ソリストが合図をして初めてお辞儀をすることが許されたとか・・・
何とも虐げられた時代を生きたのね・・・と涙を誘います。

シューマンかシューベルトのリートを練習する風景を描いたところがあったのですが、「あ~、こんなにひとつひとつの音を繊細にバランスをとって弾くのか・・・」と目を丸くしながら読んだのを思い出します。

そのムーアの繊細なピアノで、シューマン リーダークライス 作品39-5「月の夜」をどうぞ。

7/31はフランツ・リストの命日

7月31日はピアノの魔術師フランツ・リスト(Franz Liszt)の命日。

パガニーニのカプリースを聴いて、「僕はピアノのパガニーニになる!」と生まれたのがパガニーニ大練習曲。

指が6本あるのではないかと本気で疑われた物凄い技巧の持ち主で、かつ、演奏を聴いた婦人たちから失神する者が続出するほどに魅惑的だったようで、浮いた話は数知れず・・・
ついにはパトロンだったマリー・ダグー伯爵夫人と逃避行します。

要するに人妻と駆け落ちしちゃうのですが、駆け落ち先でダンテ「神曲」を読んで描いたのが「巡礼の年報第2年イタリア」の「ソナタ風幻想曲 ダンテを読んで」なのですから、どういう神経しているのでしょう(笑)

ちなみに、リストは若い頃にキリスト教修道士の資格を得ています。

まあ、新約聖書には「悔い改めるなら7の70倍であっても赦せ・・・」とありますからね。

1886年74歳で生涯を閉じたリストの命日に私が聴きたいのは、『詩的にして宗教的な調べ』より「孤独の中の神々の祝福」、リスト43歳頃の作品をクラウディオ・アラウの演奏で聴きましょう。

Inaの音楽カレンダー7月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
音楽家たちの誕生日や記念日を紹介する音楽カレンダーです。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら