3月の音楽カレンダー(3)ベートーヴェン、ロストロポーヴィッチ、バッハ、ハイドンetc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Inaの音楽カレンダーでは音楽家たちと作品を、誕生日・命日などに合わせて、ピアノ・弦楽器・管弦楽・・・の優先順位で紹介しています。

あなたの誕生日にゆかりの音楽家は誰でしょう?
記念日にゆかりの音楽家は?

嬉しい時に聴く音楽は喜びをさらに大きくしてくれて、
凹んだ時に聴く音楽は慰めをもたらしてくれます。

音楽のある毎日で心穏やかに、そして豊かにお過ごしください。

Inaの音楽カレンダーは、Inaのほぼ日クラシックTwitterでも毎日ご紹介しています。

Inaの音楽カレンダー3月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
クラシック音楽がある幸せ。。。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる演奏家たちの 誕生日や記念日...


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


3/21はアルトゥール・ グリュミオーの誕生日

3月21日はヴァイオリ二スト アルトゥール・グリュミオーの誕生日です。

1921年ベルギーに生まれたグリュミオーは、4歳でよりヴァイオリンを学び、11歳にしてシャルルロワ音楽学校のヴァイオリン科とピアノ科の両方で首席をとり、ブリュッセル王立音楽院へ進学。

その後パリに留学してジョルジュ・エネスコにも師事しました。

グリュミオーのヴィヴラートは、ヴァイオリン史上最も美しいとさえ言われますが、その演奏は、上品で気高く、孤高の魅力が際立ちます。

数々の名演を共にしたクララ・ハスキルとのベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番「春」です。

3/22はルドルフ・バウムガルトナーの命日

3月22日は、ルドルフ・バウムガルトナー(Rudolf Baumgartner)の命日。

スイス生まれの指揮者・ヴァイオリニスト バウムガルトナーは2002年3月22日イタリア・シェーナで生涯を閉じました。

チューリヒ音楽院とウィーンでヴォルフガング・シュナイダーハンに、パリでカール・フレッシュにヴァイオリンを師事したバウムガルトナーは、はじめソリストとして、またゲイヤー四重奏団などでキャリアを開始。

1968年から1980年まで音楽監督を務めたルツェルン音楽祭での演奏で、「G線上のアリア」ことJ.S.バッハ 管弦楽組曲第3番BWV 1068よりアリアです。

3/23はレオン・ミンクスの誕生日

3月23日は、レオン・ミンクス(Léon Fedorovich Minkus)の誕生日。

民族色豊かなバレエ作品として人気の『ドン・キホーテ』、『ラ・バヤデール』、『パキータ』の作曲者レオン・ミンクスは、1826年現在のチェコ第2の都市ブルノに生まれました。

作曲だけでなく、ヴァイオリニストとしても活動した彼のバレエ音楽には、コンサートマスターのソロが随所に登場します。

どの作品も、クライマックスのシーンで流れるのがコンマスのソロなんですよ。

彼の有名な3つの演目の中でも、私が好きなのは『パキータ』。
コンプリートバージョンをシェアします。

3/24はグラナドスの命日

3月24日は、スペインの作曲家エンリケ・グラナドス(Pantaleón Enrique Joaquín)の命日。

音楽好きの家庭で早くから才能を表し、20歳までスペイン国内で音楽教育を受けたため、スペイン民族主義の影響を濃く受け、ピアニストとしてショパン、シューマン、グリーグの影響を受けたグラナドスは、ロマン派的でありながらスペインであり、スペインでありながらロマン派的な独特の音楽を生み育てました。

第一次世界大戦中の1916年3月24日、夫妻の乗った船は英仏海峡を渡航中にドイツ軍の攻撃を受けます。グラナドスは救命ボートに救い上げられようとするも、波間に沈もうとする妻を見つけ彼女の元へ・・・
48歳と8ヶ月でした。

亡くなる直前のリサイタルで演奏されたグラナドス『詩的なワルツ集』です。

スペイン出身のピアニスト、アリシア・デ・ラローチャの演奏で。。。

3/25はジャン=ジョエル・バルビエの誕生日

3月25日はジャン=ジョエル・バルビエ(Jean-Joel Barbier)の誕生日。

1920年フランス生まれフランス音楽に精通し、音楽辞典の執筆でも知られるバルビエですが、特筆すべきは何といってもエリック・サティの演奏でしょう。

サティは自身の音楽を『家具の音楽』と呼びました。

それは、酒場のピアニストだった彼にとってお客の歓談の邪魔にならない音楽という職業的スタンスから生まれているものと思われます。

にもかかわらず、そんなBGM的、イージーリスニング的扱いに「No!」と言い、「純粋に芸術、音楽」だというスタンスを貫いていたのがバルビエです。

サティ「3つのグノシェンヌ」より第1番、バルビエの演奏で。

・・・BGMより、子守歌かもしれません。。。

3/26はベートーヴェンの命日&バックハウスの誕生日

3月26日はベートーヴェンの命日。

ベートーヴェンの生きた時代、音楽家は宮廷や貴族に仕え、注文に応じて作品を描くのが常でした。

ベートーヴェンはボンからウィーンに出てきた時に、モーツァルトが使用人と同じ扱いだったことに大きなショックを受け、パトロンの注文に応じて作曲することを拒み、広く世の人々へ向けて作品を発表し続けました。

1827年、56歳で生涯を閉じたベートーヴェンの葬儀には、約2万人が参列したと言われます。当時のウイーンの人口は約25万人ですから、12~3人に1人が参列したことになります。

階級社会の当時、リベラル思想で反体制的とメッテルニヒ政権から危険視されていたベートーヴェンには、宮廷貴族からは弔問客はもちろん花1本届くことはありませんでした。

・・・でこのベートーヴェンの命日である3/26に生まれたベートーヴェン弾きがいます。

鍵盤の獅子王と呼ばれたヴィルヘルム・バックハウスは、ベートーヴェンの直系の弟子でもあります。

(系譜)
ベートーヴェン
 ↓
チェルニー
 ↓
リスト
 ↓
オイゲン・ダルベール
 ↓
バックハウス

バックハウスの演奏でピアノ協奏曲第5番『皇帝』を聴きましょう。

3/27はロストロポーヴィッチの誕生日

相撲が好きで、お寿司が好きで、来日したら必ず築地へ通ったという親日家のムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ(Mstislav Leopol’dovich Rostropovich)は、1927年3月27日、旧ソ連アゼルバイジャンで生まれました。

チェリスト・指揮者としての活動が素晴らしいのは広く知られていますが、そのほかにピアニストとしても活躍し、歌手だった夫人と共演していたそうです。。

音楽家って一般的に言って浮世離れしていて社会や政治に疎い人が多い傾向にありますが、世界的レベルになると逆なんですよね。

ロストロポーヴィッチも、1970年に社会主義を批判した作家ニーツィンを擁護したことでソビエト当局から「反体制」とみなされ、演奏活動を停止させられてしまいます。

1974年に2年間のビザを取得して出国し、そのまま亡命、1977年にワシントン・ナショナル交響楽団音楽監督兼首席常任指揮者に就任しました。

その翌年、ソビエト当局により国籍剥奪され、国籍を回復したのは1990年 ワシントン・ナショナル交響楽団を率いて16年ぶりにソ連の地を踏んだゴルバチョフ体制の時です。

めがねかけた学者さんみたいな風貌、演奏はスケールの大きい「愛」を感じます。

やはり、このドボコンことドボルザークのチェロ協奏曲を聴きましょう。

3/28はルドルフ・ゼルキンの誕生日

3月28日は、ルドルフ・ゼルキン(Rudolf Serkin)の誕生日。

戦前戦後にドイツへ留学していた音楽家の回想録を読むとルドルフ・ゼルキンルドルフ・ゼルキンは神のように仰ぎ見る存在だったようです。

1903年ロシア系ユダヤ人としてボヘミアに生まれたゼルキンは、教育のほとんどはウイーンで受けたのちにナチスによる迫害を逃れアメリカに渡り、カーチス音楽院で教鞭をとっていました。

ドイツ音楽、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスを得意としていたゼルキンのベートーヴェンの30番のソナタが素晴らしいです。

学者みたいな風貌に違わない誠実で正統派の演奏。

理性と知性のコントロールの効いたロマンティシズムがこの崇高な作品に一層の輝きを与えています。

これこそ本物の輝き。。。

3/29はアルカンの命日

3月29日は、シャルル・ヴァランタン・アルカン(Charles Valentin Alkan)の命日。

一般には知られていないかもしれませんが、ピアノ弾きの間では知る人ぞ知るアルカンは、父親と彼を含む姉と兄弟4人すべてが音楽家という音楽一家。

アルカンも幼い時から神童で、あのフランツ・リストやショパンの同時代に生き、ジョルジュ・サンドのサロンにも出席していました。

才能豊かな芸術家の多くがそうであるように、アルカンも神経細やかで想像力豊かで社会になじめない面を持ち、何をしていたのか消息不明の時期があるようですが、1888年自宅で74歳の生涯を閉じました。

ピアノの技巧はリストも脱帽するレベルで、アルカンと言えば、極めて演奏困難な作品ばかりというイメージがあります。

とはいえ、そのような道なき道を切り拓く人たちがどこにでもいるわけで、そのひとり、ピアニート公爵こと森下唯さんの演奏で「スケルツォ・フォコーソ 作品34」です。

3/30はアントニオ・デ・カベソンの誕生日

3月30日は、アントニオ・デ・カベソン(Antonio de Cabezón)の誕生日。

現存する初期オルガン作品の作曲者カベソンは1510年スペイン生まれ、幼児期に失明したものの、パレンシアでオルガニストとしての教育を受け、カルロス1世やフェリペ2世の主任オルガニストとして2度ヨーロッパを旅行し、同時代の主要な宮廷音楽家たちと親交を持ちました。

5人の子供はフェリペ2世治時代のスペイン宮廷で高い地位に就き活躍しています。

『Quatro favordones』と題される作品、時代の空気を感じます。

3/31はJ.S.バッハとハイドンの誕生日

3/31は音楽の父J.S.バッハと交響曲の父ヨゼフ・ハイドンの誕生日です。

3/31 その1.J.S.バッハの誕生日

3月31日は大バッハ先生こと、ヨハン・セバスチャン・バッハの誕生日です。

1685年ドイツ・アイゼンナハで生まれたバッハは教会音楽家として5年間、毎週の礼拝のためにカンタータを書き続けるという驚異的偉業を成し遂げました。

書き上げられた250曲のうち現存するのは200曲だそうです。

それらカンタータをはじめ宗教曲の清書自筆譜の冒頭に

「JJ」
Jesu juva!=イエスよ、助けたまえ

最後には
「SDG」
Soli Deo Gloria!=ただ神のみに栄光を

と書き込むことを常としていたそうです。

キリスト教抜きには語れないクラシック音楽、
信仰抜きには語れないバッハの音楽、

ということで、カンタータ147番より「主よ、人の望みの喜びよ」

誰でも一度は耳にしたことのある曲です。

トン・コープマン指揮でどうぞ。。。

3/31 その2.ヨゼフ・ハイドンの誕生日

3月31日は「The 古典派!」交響曲の父と呼ばれたミヒャエル・ヨーゼフ・ハイドンの誕生日。

1732年オーストリア出身、少年時代にはウィーンのシュテファン大聖堂聖歌隊でボーイソプラノとして歌い変声期によって引退してから作曲の勉強に励み、エステルパージ候に30年近く仕えます。

ハイドンは多作家で、生涯に約1000曲ほど描いたと言われます。未完だったり、草稿のみのものを除いても現存するのは700曲は現存します。

交響曲だけで100あまり、ピアノソナタも60以上ですからすごいです。

ハイドンは、一見地味です。

モーツァルトのようなスーパー神童ではなく、ベートーヴェンのような苦悩の人でもない。。。

でも、じっくり聴くとしみじみ味わい深いです。

当たり前の日常こそ幸せ・・・を実感させてくれます。

ユーモアあふれるチェロ協奏曲第1番をどうぞ。。。

Inaの音楽カレンダー3月

1年の音楽カレンダーはこちら

毎日クラシック~♪Inaの音楽カレンダー
クラシック音楽がある幸せ。。。 素晴らしい作品を生み出してくれた作曲家、 感動的な演奏を聴かせてくれる演奏家たちの 誕生日や記念日...