彼岸花はアマノジャク?!生育サイクルにびっくり!

o0480036013430277091

暑さ寒さも彼岸まで・・・

彼岸とは、春分・秋分の日をはさんだ前後3日間を言います。

今年2016年は、

9/19(月)が彼岸の入り
9/22(木)秋分の日が彼岸の中日
9/25(日)が彼岸の明け

です。

お彼岸と言えば、彼岸花・・・

東京郊外のこの辺りではちょっと歩くと畑も広がっていまして・・・
自然豊かな田舎です。

あちこちに咲く彼岸花を見て・・・
不思議な花だということに気づきました。

彼岸花って、姿もユニークですが、色々と面白いのです。
意外に知られていないびっくりする彼岸花の話です。

曼殊沙華(まんじゅしゃげ)は天界に咲く花

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ているようです。サンスクリット語では「manjusaka」と書くらしい。

彼岸花(曼珠沙華)が妖しいワケ参照。

彼岸花には日当たりは必要、しかし、日陰もOK!

彼岸花は、基本的にひなたを好むようです。

でも、燦々と一日中陽の当たる場所に咲いているもばかりではありません。
陰になる時間が長い場所にもたくさん咲いています。

冒頭の花も、木漏れ日が2~3時間差し込むだけのような木陰に咲いていました。

o0480067413432116069

草むらに沈むように咲いていたり・・・

o0480064013432052440

ほとんど野ざらしのプランター。

彼岸花は丈夫なのですね。

彼岸花は群れるのも1本もOK!

o0480064013433093156

基本的に群生しているようですが、1本だけ!というのも少なくありません。

o0480064013432052387

一匹狼ならぬ、1本彼岸花。

o0480064013432052426 

孤高のプリマの貫禄。

o0480036013433093150

バレエダンサーを彷彿しました。

 
群生すれば、コールドバレエ。
人までバックにして1本映える彼岸花の貫禄。
 

彼岸花は気難しい?!

o0480064013432130643

顔だけ出してる。

出してくれ~・・・とは言ってないか^^;;

フェンスに絡まるように咲いているのも散見されます。

o0480064013432130632 

なぜか、真ん中にはなくて、
手前の柵と、向こうのフェンスに絡んでる。

不器用なあり方がおかしい。

そんな姿を見ていると・・・
シャイなんだけど、人恋しくて、
でも、注目されると恥ずかしくて、
だけど、かまってほしい・・・

よく言えば、
デリケートで、
気位が高く、
芸術家肌・・・

悪く言えば、めんどくさいかも、と思った^^;

o0480064013430277166

ほらほら~・・・

何、この、草むらに隠れられるはずもないのに、紛れようとしている咲き方・・・

そんな彼岸花を見ていたら、どんな生態なのか知りたくなって検索したら・・・

なんとびっくり

ふつーの花たちと何もかもが逆なのです。

彼岸花の生育サイクルにびっくり?!

【 秋に急成長・開花 】
彼岸花は、秋雨が降ってやがてお彼岸という頃になると芽を出し、1日に10cm近くも茎が伸びて、瞬く間に50センチ位になり、あの真っ赤な花を咲かせます。そして1週間ほどで花も茎も枯れてしまい、今度は球根から緑の葉っぱがすくすくと伸びてくるのです。

【 冬に葉を茂らせる 】
冬になって周りの植物が枯れても、たわわにしげった葉っぱのままで冬を越します。

【 春に光合成 】
せっせと光合成をして球根に栄養をため込みます。

【 夏に枯れる 】
夏を迎える頃には、葉を枯らして休眠期に入ってしまいます。

【 再び秋に開花 】
やがて秋雨をたっぷり含んでから、急ピッチで姿をあらわして、再び花を咲かせます。

彼岸花(曼殊沙華が怪しいワケより引用。

ふつーの植物と何もかもが逆です。。

通りで姿が変わっているわけです。

育ち方が違うんですから、漂う雰囲気が違って当然。

シロバナマンジュシャゲ~白い彼岸花もある

o0480064013430277130

シロバナマンジュシャゲ。

子供のころ・・・
田んぼのあぜ道の両脇にいっぱい咲いていたのは、みんな赤でした。
白い曼殊沙華は、ここへ来てから初めて見ました。

・・・白い曼珠沙華の方は、あっけらかんと太陽の光を享受しているようでもあります。

o0480036013430277261

曼珠沙華が紅白で並んでると、おめでたい気分に

黄色い彼岸花咲く「西方寺」

彼岸花には「赤」のイメージが強いですが、「白」もあり、何と!黄色い彼岸花もあります。

o0480064013432243808

神奈川県横浜市港北区にある西方寺には、赤・白・ピンク・黄色と色とりどりの彼岸花が咲いています。

昨年2015年に訪れた時の記事はこちら。

西方寺には黄色い彼岸花が咲く
彼岸花のことを調べていたら、 黄色い花があることを知りました。 しかも、遠くない! これは見に行くしかない! 行って参...

彼岸花の見ごろはちょうどお彼岸の頃の1週間。

先祖を敬い、彼方の世界を想ってみると何かひらめくに違いありません。

お彼岸と言えば、お墓参り。
こちらも合わせてどうぞ~!

絶対に運気が上がります!お墓参りのすすめ
    お墓参り行っていますか? 私は東京に暮らしていて、両親のお墓は滋賀県。 1年に2回ほどお墓参りに行くようにしています。 ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

DSC_8831(1)

この記事を書いた人
伊奈葉子/Yoko Ina ヴィジョン・コンサルタント

芸術もビジネスも人の心を動かすところから始まる。原点は同じ。ピアノと本とお茶時間、自然と美しいものが好きなロマンチストであると同時に男性顔負けの論理思考・戦略思考で結果にコミット!
詳しいプロフィールはこちら♪