2017年は土用の丑の日が2回!なぜ土用の丑の日に鰻を食べるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏本番がやってきました。

土用の丑の日には鰻を食べてスタミナをつけたいです。

今年2017年の土用の丑の日は、7/25(火)と8/6(日)の2回です。

うなぎを食べる人も食べない人も知っておきたい土用の丑の日のお話です。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

食べるように本を読むInaです。
ネットで得られるのは情報、本で得るのは知識。食事が消化吸収ののち栄養になるように熟読は教養を深めます。ピアノと音楽と自然、美しいものと美味しいものと紅茶が大好きです。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


土用は1年に4回ある

意外に知られていませんが、土用というのは、実は1年に4回あります。

立春、立夏、立秋、立冬前の18日間(または19日間)を土用というのです。

これは、万物は「木火土金水」から成るとする中国の陰陽五行説に由来します。

四季をこの「木火土金水」で表すと

春=木

夏=火

秋=金

冬=水

となり、「土」が余ります。

そこで「土」を立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間にあてはめ、土用としました。

すなわち、季節の変わり目が「土用」なのです。
体調を崩しやすい季節の変わり目を乗り切るために、本来はさまざまな禁忌や風習があり、特に夏の土用は梅雨明けの頃ということで重視され、今に至っています。

なぜ土用の丑なのか?

では、なぜ土用の「丑」の日なのでしょう。

これも陰陽五行の考えに基づきます。

12の月には、それぞれ12支が割り当てられており、「丑の月」は新暦(今の暦)の1月を指します。

つまり、「丑」には「寒」の意味があります。

夏の暑さ極まる時に「寒」の気をとり入れることで、調和をはかろうとしたのです。

土用の食べもの

暑い夏の土用に「寒」を取り込むことで暑気払いをしようと「丑」の「う」のつく物を食べる風習が生まれました。

「う」がつく食べもの

「う」がつく食べものということで、江戸時代には、

「う」で始まる「梅干し」。

「う」で始まる「うどん」。

「う」で始まる「うり」。

土用の丑の日には「う」で始まるこんなものが食べられました。

土用の丑の鰻の仕掛け人は平賀源内

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのはなぜでしょう。

仕掛け人は平賀源内という説が一般的です。

そもそも、うなぎの旬は脂の乗る冬。

夏場に売上が落ちることを嘆くウナギ屋さんに、源内はこうアドバイスしました。

  • 平安時代から夏バテ防止にうなぎが食べられた
  • 丑の日に「う」のつく食べもの

この策が功を奏し、土用の丑の日に「う」のつくうなぎを食べるという習わしが広がっていったようです。

まとめ

では、土用の丑の日のおさらいです。

  • 土用は本来、春・夏・秋・冬の1年に4回あります。
  • 夏は特に体調を崩しやすいので夏の土用が重視されるようになりました。
  • 夏の暑さには、寒の気をと真冬である「丑」をとり入れて調和をはかろうと土用の丑の日の風習が生まれました。
  • 「丑」の「う」にちなみ、「う」のつく食べものを食べるようになり、江戸時代に鰻屋さんの売上アップのために平賀源内が授けたアイディアから土用の鰻が広まりました。

人々の想いや知恵と工夫がいっぱい詰まった土用の丑の日の鰻・・・

今年は、例年よりもリーズナブルとメディアでは言っていますが、ひょっとして、今年は2回ある土用の丑の日に2度ピークを作ろうという鰻業界の思惑が働いているのでしょうか。

2017年の土用の丑は7/25(火)と8/6(土)です。

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節の姿は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

ニュースレター『季節を聴く』
軽やかに、しなやかに・・・ 流れに乗って運気を上げたいなら、自然に接し、自然に学ぶこと。 季節の姿を目で見るだけではなく、 風...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント
食べるように本を読むInaです。
ネットで得られるのは情報、本で得るのは知識。食事が消化吸収ののち栄養になるように熟読は教養を深めます。ピアノと音楽と自然、美しいものと美味しいものと紅茶が大好きです。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪