5月2日は八十八夜|八十八夜って何?一番茶と新茶の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏も近づく八十八夜。

八十八夜と言えば、茶摘み、新茶の季節ですね。

ところで、一番茶って何?
一番茶と新茶はどう違うの?

意外に知らない八十八夜についてご紹介します。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


八十八夜(はちじゅうはちや)とは?

八十八夜とは、立春を第一目として数えて88日目の日を指します。

2018年のは八十八夜は5月2日です。

八十八夜の忘れ霜

八十八夜の忘れ霜ということばがあります。

暖かくなるこの時期でも、気象条件によって遅霜が発生することがあり、忘れた頃に降りる霜なので、「八十八夜の忘れ霜」といわれるのです。

「八十八夜の泣き霜」とも言われて怖れられるのは、せっかく植え付けをした作物も、霜が降りるとひと晩でダメになってしまうからです。

地方によっては、5月半ばでも霜が降りることがあるとか・・・
「九十九夜の泣き霜」と言われるような泣くに泣き切れないほど被害が発生することもあるそうです。

当たり前に食べている野菜は、生産者の方々の言い知れぬ尽力の賜物なのだと、改めて思いますね。

八十八夜と言えば新茶

forest17.com

八十八夜と言えば、新茶です。

八十八夜の頃に、その年最初に生育したお茶の新芽を摘み取ります。
そうして作られたお茶は「一番茶」、または「新茶」と呼ばれます。

新茶と一番茶は同じもの

ところで、新茶と一番茶はどう違うのでしょうか。
実は、

「新茶」と「一番茶」は基本的に同じ。

「一番茶」と呼ぶ時には、その後に収穫される二番茶、三番茶と区別される時です。

一番茶(新茶)の特徴

一番茶は人気で、贈答にも喜ばれますよね。
なぜでしょうか。

3つの理由があります。

  1. 「一番茶」には、若葉独特の爽やかな香りがある。
  2. 「二番茶」「三番茶」に比べて苦みや渋みの成分であるカテキンやカフェインが少ない。
  3. うま味、甘味の成分であるアミノ酸が多い傾向にある。

「一番茶」は、名前だけではなく、実際に美味しいのですね。

お茶は、丁寧に淹れると本当に甘いです。
お茶の苦み・渋み・甘みが立体的で奥深く、余韻が広がるほどに甘さが際立ち、身体の芯まで幸福感が沁みます。

本当に美味しいお茶とは、ひと口目のインパクトではありません。

飲み終わった後、時間が経つほどにわかる、
あるいは、適当に淹れられたお茶を飲んだ時に、「あの時のお茶は美味しかったな・・・」と感じるものです。

八十八夜に摘まれたお茶を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言い伝えられています。

・・・が、実際問題、現代では、「本当に”八十八夜”その日に摘まれたお茶」に出会うのは、極めて難しいのではないか思っています。

高いお茶には気をつけましょうね。。。

まとめ

八十八夜とは、立春を第一目として数えて88日目の日。

その年最初に生育したお茶の新芽を摘み取る頃でもあり、そのお茶を「一番茶」、または「新茶」と呼びます。

新茶は、苦みが少なく甘み旨みが多く、爽やかな香りが特徴です。

八十八夜が終わると立夏ですね。

5/5~ 立夏(りっか)|夏の気始めて立つ
新緑の風薫る5月。 2018年5月5日(土)は二十四節気「立夏(りっか)」です。 立夏(りっか)|夏の気始めて立つ 5月5日頃 ...

5月5日は端午の節句・子どもの日です。

5月5日は端午の節句|乙女の女子会から男の子のお祝いへ
五月晴れの空に泳ぐ鯉のぼり。 5月5日は端午の節句ですね。 3月3日のひな祭りが女の子のお祭りなら、 5月5日は男の子のお祭り・・...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら