ひな祭り|桃の節句の由来と風習

ashinari.com

3月3日は、桃の節句、ひな祭りです。

女の子の健やかな成長を願うひな祭りの由来や風習をご紹介します。

ひな祭り|桃の節句とは

桃の節句とは、「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」。
3月最初の巳の日という意味です。

古来中国では、この日に川で身を清め不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。

それが平安時代に日本に伝わり、女の子の健やかな成長と幸せを願うお祝いへと移り変わり現在の形になったのです。

今さら聞けない雛人形の由来と飾り方

お雛様を飾って女の子の健やかな成長を願うひな祭り。

なぜ、雛人形を飾るようになったのでしょうか。

雛人形の由来

雛人形の「雛(ひいな)」とは小さくてかわいらしいものという意味の古語です。

小さな人形「雛」で遊ぶ「ままごと」
  +
人形に自分の穢れを移し、水に流すことで厄を祓った「流し雛」
  ↓
男女一対の紙の人形「ひとがた」が生まれました。

これが、雛人形の原型といわれます。

平安時代に貴族階級の子女から始まった人形遊びが江戸時代に庶民へと伝わり、女の子のお祝いとして人形を飾るひな祭りへと発展していったようです。

雛人形はいつ飾って、いつ仕舞うか

雛人形をいつ飾り、いつ仕舞うか・・・

悩ましいですよね。

雛人形を飾る時期

雛人形を飾る時期については諸説あります。まとめると、

立春、または雨水に飾る

というのが一般的です。

立春は2/4頃、雨水は2/18頃ですが、大切なのは、

節分で豆まきをして厄をはらったあとに雛人形を飾る

ということ。

ただ出せばいいわけではないのですね。

また、大安吉日にはこだわらなくてよいという意見が多かったです。

雛人形をしまう時期

雛人形をいつまでも飾っておくと行き遅れる・・・

などと言われますが、どうなのでしょう。

調べたところおひな様をしまうベストは、

啓蟄の日に片づける

というものでした。

ちなみに啓蟄は3/4頃です。桃の節句のすぐ後ですね。

もしも、啓蟄を逃してしまったら遅くともひな祭りの後、2週間くらいには片づけましょうね~ということのようです。

とは言え、地方の風習によって様々なようです。
お住まいの地域の事情も参考にしてみてください。

お内裏様とお姫様の位置は?

いつ飾るか、の次はどう飾るかです。

気になるのは、お内裏様とお姫様を飾る位置ですね。

ashinari.com

一般的な考え方では、

お内裏様が上座です。

・・・で、問題はどちらが上座なのか。

関東は武家式なので、向かって左が上座
すなわち、向かって左がお内裏様、向かって右がお姫様です。上の写真の通り。

一方の京都は、公家式なので、向かって右が上座。
すなわち、向かって右がお内裏様、向かって左がお姫様です。

関東と関西では逆だと言われますが、そういう問題ではないようです。こんなページを見つけました。 男雛と女雛(内裏雛)の左右の配置

・・・要するにどっちでもいいじゃんと思うのですが、私的にとても不満なのは、上座がお内裏様=男性だということ。

今や、男だというだけで上座に座らせてもらえる時代ではありません。

飾る時のインスピレーションで左右を決めるというの、いかがです?

ひな祭りの食の風習

ひな祭りの食卓に可愛らしく美味しいものが並ぶのは、女性がいつの時代も可愛くて美味しいものが好きなのと無関係ではないでしょう。

そんな雛祭りの食について、調べてみました。

蛤(はまぐり)

ひな祭りに欠かせないのは蛤(はまぐり)です。

はまぐりがひな祭りに食されるようになったのは主にふたつの意味があるようです。

  1. 貝殻がそのひと組としか合わないことから夫婦和合の象徴とされる。
  2.  そもそも、古来日本では、蛤そのものが女性を表していた。

女性の社会進出が認められなかった昔、女性は妙齢になったら嫁ぐしかありませんでした。
しかも一旦結婚したら、簡単に離婚・再婚できなかった時代です。

女の子が将来よい伴侶と出会って幸せな結婚生活を送ることができるようにとの願いを込めて女の子の節句に蛤をいただくようになりました。

蛤は、4月から産卵期なので、その直前3月は太っていて美味しいそうですよ。

菱餅の三色ひな祭りカラーには深い意味がある

ひな祭りの象徴である「桃・白・緑」三色の可愛らしい菱餅。

このひな祭りカラーには深い意味があります。

ひな祭りカラーは春の景色

春らしさを感じる3色カラーの菱餅は、イメージ通り早春の風景を表しています。

  • ピンク-桃の花が咲く様子
  • 白-まだ残る雪
  • 緑-雪の下に芽吹く新芽

雪残る中、桃が花開き、雪の下の新芽を想う・・・

過ぎゆく冬への名残惜しさと春を迎える喜びが菱餅になりました。

色が出ればいいというものではない!菱餅の色には意味と効果がある

3色の菱餅は、その色を出すために使われた原料にも意味があります。

  • 桃色:「魔除け」-解毒作用のある赤いくちなし。
  • 白:「清浄・純潔」-血圧を下げるひしの実。
  • 緑:「健康・新緑の生命力」-強い香りと厄除けのよもぎ。

女の子の健やかな成長への願いはこんなところにも込められているのです。

雛あられは関東と京都で違う

「ピンク・白・緑」のひな祭りカラーに菜の花の黄色をくわえた色とりどりの雛あられ。こちらも調べてみました。

雛あられの由来

まずは雛あられの由来です。

雛あられの起源は江戸時代にさかのぼります。

女の子たちがお雛様を外に連れ出して野山を見せる「ひなの国見せ」という遊びがありました。

その「ひなの国見せ」の時に、外で食べるように作られたのが雛あられのはじまりと言われています。

甘い関東、しょっぱい京都、味も形も違う雛あられ

雛あられは、全国共通ではありません。東西で違うのです。

まずは、関東バージョン。

関東のひなあられは、お米をはぜた、いわゆるポン菓子。
砂糖がコーティングされていてかなり甘いです。

緑・白・ピンクのひな祭りカラーに黄色も入っています。

続いて、京都のひなあられ。

関西は、直径1cmほどの丸いおかき。
醤油や塩のしょっぱいお味です。

都内のあるスーパーで「京の雛あられ」として売られていました。

・・・ところで、上に挙げた雛あられの包みの写真のお雛様たちの並び方を見て変だと思いませんか。もう一度よく見てください。

ポン菓子の雛あられは、向かって右がお内裏様で京風。

京の雛あられの方が、向かって左がお内裏様で関東式。

こーゆーのを見てわかる通り、お雛様の左右はどちらでもいいのですよ。

あっ、いい事を思いつきました!

しっかりもので将来はキャリアウーマン間違いなし!結婚相手には「主夫」が欲しいお嬢様は、お姫様を上座に飾る。将来、ルックス抜群(連れて歩くのにこれ大事!)、家事育児万能な主夫を従えて世界を駆け巡ることでしょう。

細やかな気遣いのできる優しいお嬢様は、出世する頼もしい旦那さまとの出会いを願って上座にお内裏様を飾る。ファーストレディも夢ではないかもしれません。

Inaが提案する21世紀のお雛様の飾り方です。

まとめ

  • ひな祭りは、上巳の節句(桃の節句)に女の子の健やかな成長と幸せを祝う風習。
  • ひな祭りにはまぐりをいただくのは、幸せな結婚を願ってのこと。
  • ひな祭りカラーの菱餅は色にも色素にも意味がある。
  • 雛あられは、関東と京都で形も味も違う。

以上、ひな祭りの由来や風習でした。

時代が変わっても、未来を担う子供たちの健やかな成長と幸せを願う気持ちは変わりません。

お茶を淹れて雛あられをつまみ、共に春を喜ぶ・・・

そんな穏やかな時間こそ何よりの幸せです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

DSC_8831(1)

この記事を書いた人
伊奈葉子/Yoko Ina ヴィジョン・コンサルタント

夢と現実の幸せな関係をコンセプトにアーティストとクリエイターをサポート。ピアノと本とお茶時間、自然と美しいものが好きなロマンチストであると同時に男性顔負けの論理思考・戦略思考で結果にコミット!
詳しいプロフィールはこちら♪