4/20~ 穀雨(こくう)|百穀春雨に潤う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静かに煙るように降る春の雨。。。

4/20は穀雨です。


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina Piano Teacher

心と頭と身体をチューニングすればピアノはもっと自由に弾けます。演奏向上と故障予防に1日15分のウォーミングアップ。悩めるピアノ弾きを笑顔にするレッスンをしています。詳しいプロフィールはこちら


穀雨(こくう)|百穀春雨に潤う

forest.com

春雨降りて百穀を生化すれば也(暦便覧)

穀雨とは、百穀を潤す雨。
米、麦、あわ、ひえなど、数多くの穀物に恵みの雨が降り注ぎ、生長する頃です。

煙るように降る春雨(はるさめ)には、芽吹いたばかりの若芽や咲き誇る花たちを優しく包み育むようでもあります。

穀雨の七十二候は、この時期を代表する植物たちが登場します。

葭始生(あしはじめてしょうず)4月20日頃 穀雨・初候

水辺の葭(あし)が芽吹き始める頃。

かつて、葭は秋に収穫されると、すだれや屋根に形を変えて暮らしに役立っていました。

そんな葭の芽吹きを、人々はとても喜んだのです。

霜止出苗(しもやみてなえいずる)4月25日頃 穀雨・次候

暖かさが増し、霜が降りなくなって苗代で稲の苗が生長する頃。

霜に当たると、農作物が痛んだり、枯れたりしてしまうので、霜が降りなくなる頃を知るのは農作業を進める上でとても大切だったのです。

牡丹華(ぼたんはなさく)4月30日頃 穀雨・末候

牡丹が開花する頃。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・

牡丹は、そのゴージャスな姿から「百花の王」と呼ばれています。

穀雨の旬を味わう

春の旬には、独特の香りのものが多いですね。

独特の香りと刺激的な風味は、暖かさにぼ~っとする頭と心を「今、ここ」に引き止めてくれます。

木の芽(きのめ)

forest.com

木の芽(きのめ)は、山椒の若葉を指します。

山椒のサンショオールは優れもの

舌にピリっと感じるのはサンショオール(サンショール)という成分で、抗菌作用が強く、胃腸の調子を整える働きがあり、中でも、冷えからくる腹痛や、食欲不振に効くことが知られています。

東洋医学では、この季節の汗ばむ陽気につい薄着をして、身体を冷やしてしまった時に効果があるとされています。
生理痛にも効く、女性の味方ですよ。

木の芽和え、木の芽田楽が有名ですが、もっと簡単、シンプルに、煮もの、お澄まし、お寿司、和え物にそのまま添えるだけで、十分に楽しめます。

木の芽は”きのめ”、それとも”このめ”

木の芽を”きのめ”と呼ぶか、”このめ”と呼ぶかですが、調べたところ、

山椒の若葉を指す時は”きのめ”
木々の新芽を指す場合は”このめ”

というのが一般的でした。

なので、食べる木の芽は”きのめ”です。

ホワイトアスパラガス

ホワイトアスパラガス=缶詰のイメージが強いですが、フレッシュには独特の味わいがあります。

収穫期は4~6月。
流通量が少ないので、見かけた時がいただく時です。

旬を味わいましょう。

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違いは?

ところで、ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違いを知っていますか?

実は両者は同じもの。

栽培方法が違うだけです。

どう違うかというと・・・

  • グリーンアスパラガス:日光に当てて育つがまま。葉緑素が沢山作られ緑になる。
  • ホワイトアスパラガス:芽が出る頃(春先)に土を盛って日に当てないから白く伸びる。(軟白栽培と言います)

この栽培方法の違いは、味と栄養価の違いになって表れます。

  • グリーンアスパラガス:青々しく、カロテンも豊富。
  • ホワイトアスパラガス:柔らかな食感とかすかな甘み。栄養価はグリーンに劣る。

そして、ホワイトアスパラガスは栽培に手間がかかって傷みやすいので流通量が少なく、価格も高くなります。

春のちょっとしたご褒美にいただきたいですね。

ホワイトアスパラガスは皮をむいて下茹でする

ホワイトアスパラガスを調理する際に気をつけたいのは、2点です。

  1. 皮は硬いので、ピーラーなどでむく。
  2. 必ず下茹ですること。

おすすめレシピは茹でたホワイトアスパラガスは食べやすい大きさに切り、お出汁に浸して味が染みたら、かつお節をのせてできあがり!(^^)!

あるいは、

刻んだニンニクをオリーブオイルで炒め、茹でたホワイトアスパラガスを焼き色がつくまで炒めて塩コショウで味付け、熱々を召し上がれ~♪

まとめ

次々に開く草花と芽吹いたばかりの新芽に優しく煙るように降る雨は、まさに慈雨。

自然の優しさに心も潤う恵みの雨です。

5月2日は八十八夜(はちじゅうはちや)です。

八十八夜のあれこれと新茶についてこちらもどうぞ。

5月2日は八十八夜|八十八夜って何?一番茶と新茶の違いは?
夏も近づく八十八夜。 八十八夜と言えば、茶摘み、新茶の季節ですね。 ところで、一番茶って何? 一番茶と新茶はどう違うの? 意外...

 

⇒ 5月5日は立夏

 

 

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

Inaのニュースレター『More music』
Inaのニュースレター『More music』は、 クラシック音楽に親しむトピックを中心に 二十四節気に合わせて月2回配信しています(無...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina Piano Teacher

心と頭と身体をチューニングすればピアノはもっと自由に弾けます。演奏向上と故障予防に1日15分のウォーミングアップ。悩めるピアノ弾きを笑顔にするレッスンをしています。詳しいプロフィールはこちら