ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ毎日ピアノの練習をするのでしょう?

答えはもちろん、

弾けるようになるため、
よりいい演奏をするため、
聴いて下さる方々と音楽を共有するため、

ですよね。

 

けれど、ピアノを弾くのは決して簡単なことではありません。

練習してもなかなか弾けない・・・

うちで練習している時には弾けていても、
いざ本番になるとボロボロになって
消えてしまいたいほどの自己嫌悪・・・

私も幾度となく経験しました。

でも、あきらめずに、
色んなことを学び、研究して、
そして、たどり着いたのは、

弾けるようになるのも、
本番で納得できる演奏をするのも、
日々の練習にかかっているということ。

な~んだ・・・と笑いましたね。

練習が大切なことは、みんなよく知っています。

でも、どう練習すればいいのか、本当にわかっていますか?
ピアノを弾くとは、どういうことなのか・・・
どう練習すれば、本番でその時の自分として納得できる演奏ができるのか・・・

ちゃんと答えられる人は、もうこの先を読む必要はありません。

どうぞご自分の練習に励んでください。

 

弾けない、痛い、辛い・・・ピアノを弾くのは我慢大会ではありません

多くのピアノを弾く人がこんな悩みを抱えています。

  • 肩や腕、手首の力が抜けず、すぐに疲れる
  • ピアノの練習による肩こり・首の痛みや腰痛がひどい
  • 練習していると手が痛くなる
  • 指が弱い、音が出ないと言われる
  • オクターブや和音が苦手、手が痛くなる
  • 指が廻らず、速い動きが苦手
  • 音が硬いと言われるがどうしたらいいのかわからない
  • もっと歌って!と言われるがどうしたらいいのかわからない
  • 表現力がないと言われるがどうしたらいいのかわからない
  • アガリ症で本番がめちゃくちゃになってしまう
  • 本番で指が震えて弾けない
  • 練習しているのに弾けるようにならない
  • 故障から快復してやっとピアノに触れることができるようになったが、これからどう練習すればいいのかわからない
  • 故障しない弾き方を身につけたい・・・

これらの悩みは、長い間私自身の悩みでもありました。

 

練習しても弾けないのはおかしい・・・

手が痛くなるのは何かが間違っているはず、
どうすればいいのだろう・・・

弾ける人と弾けない人は
何が違うのか・・・

色んなことを勉強して考えて工夫しました。

そして、たどりついたのは、

弾ける人が当たり前に、
何の苦もなく自然にできていることが、

弾けない人にはできていない・・・

ということです。

なぜ、できないのかと言ったら、

ピアノの鍵盤に触れて指を動かす以前に
身体の使い方、頭の使い方、音楽の感じ方から違うのです。

でも、大丈夫!

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンではピアノを弾くための頭と心(感覚)と身体の使い方について揺るぎない基礎を習得し、必ず上達する《練習方法》を習得していただきます。

 

ピアノを弾くのが好き、
美しい音楽を奏でたい・・・

だから練習しているのに、
なかなか思うように弾けない・・・

そんな悩みを抱えている音大生・音高生、音大・音高受験生、リトルピアニスト、ピアノ講師、ピアニスト、大人になってからピアノを再開した方・・・すべてのピアノ弾きにお応えします。

 

ピアノ・ベーシック・トレーニングは揺るぎない基礎を作り上げます

ピアノは、鍵盤に指で触れて行いますが、
単に指を動かすだけでは音が鳴るだけで、

《音楽》は生まれません。

演奏は頭と心(感覚)と身体、自分自身をフルに働かせる活動です。

ピアノ・ベーシック・トレーニングは

  • ピアノを演奏するための理に適った演奏フォームとタッチを身につける
  • 練習効果をアップし、練習時間短縮
  • 習慣にすることで本番前のルーティンとして効果発揮
  • 練習による痛みや故障の予防・疲れの軽減・・・

揺るぎない基礎を作り上げ、演奏を根本からレベルアップさせます。

単なるコツや小手先のテクニックでピアノが上手くなるという幻想は捨てましょう。

⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング|ピアノ弾きの演奏向上・本番対策

5つのボディワーク|ピアノ・ベーシック・トレーニング

ピアノ弾きのベーシック・トレーニングは、シンプルな5つのボディワークから始めます。

  1. 種が発芽するムーブメント
  2. 波のムーブメント
  3. 風のムーブメント
  4. 白鳥のムーブメント
  5. ゆりかごのムーブメント

5つのボディワークは、

  • ピアノを弾くために必要な身体の《コーディネイト》感覚を高める
  • コンディションを整える
  • 心と頭と身体をチューニングすることで集中力を高める
  • ウォーミングアップで練習効果を上げる

などの効果があります

さらに本番前のルーティンとして緊張やアガリ対策に優れた効果を発揮します。

指のストレッチ|ピアノ・ベーシック・トレーニング

ボディワークで心と頭と身体のコンディションを整えたら、ピアノを弾くための指のストレッチを行います。

3種類のストレッチは、手を温め、手の柔軟性をもたらし、タッチの質を高め、さらに、故障の予防・疲れの軽減にもつながります。

  1. 伸筋と屈筋のストレッチ
  2. 指のストレッチ(1)
  3. 指のストレッチ(2)

⇒ 指のストレッチはこちらでご紹介しています

⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング|ピアノ弾きの演奏向上・故障予防・本番対策

⇒ ピアノ弾きの演奏向上と故障予防にウォーミングアップのすすめ

基礎練習|ピアノ・ ベーシック・トレーニング

ピアノを弾くとは

鍵盤を上下させることで
ダンパーとハンマーの動きをコントロールして
様々な響きを生み出し、音楽を奏でる

ということです。

そのために必要なテクニックを根本から身につけましょう。


以下は基本的な練習メニューの一例です。

  1. ピアノを感じる「指」
  2. 5指運動
  3. スケールとアルペジョ
  4. オクターブ
  5. 3度の半音階

1~3までは日課として、4~は苦手なものや練習中の曲に必要なテクニックを組み入れていきます。

クールダウン|明日も笑顔でピアノに向かうために

ピアノは腕を前に出した状態で指を激しく動かし、

さらに、

鍵盤を見るためにどうしてもうつむき加減になりやすいです。

 

ピアノの練習・演奏による身体のひずみを解消させるため
練習で高揚した神経を落ち着かせるためにクールダウンしましょう。

心身の疲れを軽減し、故障予防に大きな効果があります。

⇒ 明日も笑顔でピアノに向かうためにクールダウンのすすめ

ピアノ・ベーシック・トレーニングを続けることで演奏の悩みは根本的に改善されていきます

ピアノ・ベーシック・トレーニングを練習の習慣とすることで、多くのピアノ弾きが悩む演奏の問題を根本的に改善され続けます。たとえば、

  • 原則に基づいて練習すれば、時間をかけるほどにいい演奏へと成長すると確信できるようになる。

  • 難しいフレーズやパッセージの効果的な練習方法がわかるようになる。(リズム練習よりも大事なことがあることがわかる)

  • ポリフォニーを弾く時に、声部のバランスや響きの変化が自然にできるようになり、より立体的な演奏ができるようになる。

  • f、ffはもちろん、p、ppであっても、楽器を鳴らす、豊かな響きを生み出すとは、どういうことなのかわかるようになってくる(ピアノと格闘することではない)。

  • 試験やコンクールなど初めての会場&ピアノで、リハーサルなしでもそんなに心配しなくても大丈夫と思えるようになり、自分を信じて弾けるようになる。

  • 人前での演奏で緊張から指が震えることがあっても(細かい傷はともかく)演奏が大きく崩れることはないと思えるようになる。むしろ、緊張することでより集中できるようになりインスピレーションが湧き、演奏を楽しめるようになる。

はじめから”音楽”、ゆっくりでも片手練習でもいつも”音楽”

新しい曲を練習する時に、どうしていますか?

もしも・・・

とりあえず、全ての音をゆっくり、そして、はっきりとfで弾くことからはじめているとしたら・・・

永遠に美しい演奏にたどり着くことはありません。

私も、子供の頃には、

まず、すべての音をfではっきり弾きなさい。

と習いました。でも、そうやって音を並べ、弾けるようになっても、”美しい音楽”からはほど遠い演奏しかできないことに悩みました。

そう、弾けるようになった時には、”何か”が出来上がっているのです。

一度出来上がってしまった”何か”を、音楽的に作り変えようとしても無理です。片手でも、どんなに短いフレーズでも、はじめから”音楽”を奏でましょう。
ゆっくり弾くのはスローモーションで確認するため、それでも”音楽”を演奏しましょう。
fでもpでも、雑音や騒音やただの物音ではない”音楽”を奏でましょう。

音楽的に弾けるためのテクニックと、ただ単に指が動くというのは根本的に全く違います。

感情(emotion)は動作(motion)によって表現される

『シャンドール ピアノ教本―身体・音・表現』 
 ジョルジ シャンドール 著、岡田 暁生 監訳、春秋社、2005。

ピアノが弾けるというのは、つまり、鍵盤をコントロールしてハンマーが弦を打弦して音を出し、思い描く世界を実現するということです。

まず、音楽ありき。
そのフレーズが何を表しているのか?
そのためにどう弾くべきか?
何が必要か?

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンでは、音楽のイメージを豊かにしながら、演奏を創り上げていきます

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスン料金と詳細

伊奈葉子のピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンにご興味をお持ちくださりありがとうございます。

料金・場所など詳細をご確認の上、わからないことや質問などは下記お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

十分にご納得いただいてから体験レッスンにお申込みください。

よくあるご質問をまとめています。

FAQ|よくあるご質問
ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンのよくあるご質問にお答えしています。 ご質問の前にご確認くださいね。   ピアノ・ベーシック・...

 

初回トライアルレッスン

初回トライアルレッスンはピアノ・ベーシック・トレーニング・ボディワーク指のストレッチをゆっくりと丁寧に行います。

その後、練習中の曲(一部でもOK)を聴かせていただき、課題をピックアップ練習メニューの提案をいたします。

8月の初回トライアルレッスンは、2(金)、7(水)、17(土)、19(月)です。

初回トライアルレッスンの料金とご案内

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンにご興味をお持ちの方は、まず初回トライアルレッスンにお越しください。

【料金】7,000円/90分(税込)
【場所】東急田園都市線つくし野が最寄り駅です。
(詳細は受講確定後にご案内いたします)
【持物】筆記用具をお持ちください。
【服装】ボディワークを行えるゆったりした服装でお越しください。
(着替えの必要はありません)。
例)ゆったりしたワンピース、長めチュニックにレギンスなど。
トップス:柔らかい素材のゆったりしたデザイン。
ボトム:ガウチョパンツなどゆったりしたパンツ、膝下丈のフレアー・プリーツスタートなど。

*都内近郊スタジオでのレッスンをご希望の場合は、スタジオのご予約とスタジオ料金・出張交通費をお願いしています(2台ピアノ、スタインウェイ・ベヒシュタインなど対応可)。
* 男性の方は、原則として都内近郊スタジオでのレッスンをお願いします(要スタジオ予約・料金・出張交通費)。

2回目以降のレッスン

初回トライアルレッスンを受講くださり、ご自身に有益だとご理解くださいましたら、(可能な限り)まず月2回×半年のレッスンをおすすめします。

  •  60分×2:18,000円(税込)
  •  90分×2:24,000円(税込)
  •  120分×2:30,000円(税込)

♪ワンレッスン料金

レッスンを重ねて習熟した方、忙しい方や遠方の方のためにワンレッスンに対応いたします。

  •  60分/1回:10,000円(税込)
  •  90分/1回:13,000円(税込)
  •  120分/1回:16,000円(税込)

♪集中レッスンのご案内

遠方の方、夏休み・冬休みなどの休暇に集中的に奏法を改善したい方、演奏会や受験・コンクール準備のためにスキルアップしたい方のために、効果的な集中レッスンをご用意しています。

お気軽にご相談ください。

【例】 3時間(休憩含む)×2日間:50,000円(税込)

お申込みの流れ

お申込み

レッスン日時の調整
(必要な場合はスタジオ予約のご案内)
料金のお振込についてご案内

受講料のお振込確認

お申込み完了

自宅スタジオの詳細ご案内

レッスン当日は
コンディションを整えて
お越しください。

ご不明な点や、ご自身に役立つかどうかなど、下記申込みフォームよりお気軽にご相談の上、ご納得いただきましたら、初回トライアルレッスンをお申込みください。

 

Attention!

  • 日々の研鑽と研究を惜しまず、誠実なレッスンでベストを尽くしますが効果には個人差があります。

  • 奏法の改善には時間がかかりますことをあらかじめご理解くださいますようお願い申し上げます。

  • 演奏会や試験・コンクールなどの本番直前の故障や不調に対応できる”魔法”はありません。レッスンは大事な本番をベストコンディションで迎えられるようにするたです。不安のある方はまず体験レッスンを受講してくださいます。

  • ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンは、短期間の劇的な効果を狙った《コツ》ではありません。長期的な成長を目指す《メソッド》です。音楽を志す人にゴールはなく、コンクールや試験などは”マイルストーン”であり、ひとつの通過点にすぎません。短期的な目標達成に躍起になる人にはお応えできません。一生ピアノを弾き続けたいと願う真に音楽を愛する方におすすめします。

  • コンクールや試験の直前に奏法を変えることは混乱を招き、不調の原因となりやすいなどリスクが大きいので原則としてご遠慮いただいています。少なくとも半年、できれば1年以上前に体験レッスンを受講してください。

  • 深刻な悩みほど改善には時間がかかります。猫背・マムシ指のような癖の短期間での改善、アガリ症の軽減、フォーカル・ジストニアなどの完治を保証することはできませんのでご理解くださいますようお願いいたします。

  • ピアノを弾く時だけではない慢性的な痛みや不調・違和感などの深刻な症状が既にある方は必ず医師の診察を受け、レッスンの許可をいただいてください。

  • 心療内科や精神科に通院中の方は原則としてご遠慮いただいています(既往症のある方は事前にご相談ください)。

  • スタインウェイ・ベヒシュタイン・ファツィオリなど都内近郊スタジオや2台ピアノでのレッスンをご希望の場合は、スタジオのご予約(+料金支払い)と出張交通費をお願いしています。

  • 男性の方は、都内近郊スタジオでのレッスンのみとさせていただきます(スタジオ予約・料金支払い・出張交通費をお願いします)。

キャンセルポリシー

初回体験レッスンは、お申込み完了後のキャンセルに際し、原則として返金の対応はいたしません。

ただし、日時の変更は1回限りプラス3,000円で承ります。

2回目以降は良好な信頼関係に基づき、ご相談の上で対応していきます。

*領収書について

初回体験レッスン時は、原則として銀行振り込み明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきますが、ご希望の場合には領収書を発行いたします。

その場合、下記のようにさせていただきますのでご理解くださいますようお願い申し上げます。

  • お宛名は銀行振込の振込名義と同一
  • 但し書きは「レッスン料、○月△日銀行振り込み分」

2回目以降、領収書が必要な方は遠慮なくお申し出ください。

8月の初回トライアルレッスンスケジュール

8月の初回トライアルレッスン日は

2(金)10時半、13時、14時半、16時半
7(水)10時半、13時、14時半、16時半
17(土)10時半、13時、14時半、16時半
19(月)10時半、13時、14時半

です(19時スタートもご相談ください)。

その他の日程でも対応できる場合がありますので、ご希望の方は下記問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

お申込みとお問合せ

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンに興味をお持ちくださりありがとうございます。

レッスン内容はもちろん、ご自身の問題に役立つかどうかなどお気軽にお問合せください。

よくあるご質問をまとめています。

FAQ|よくあるご質問
ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンのよくあるご質問にお答えしています。 ご質問の前にご確認くださいね。   ピアノ・ベーシック・...

お問合せ・お申込みの前にを必ずご確認ください。

お申込み・お問合せ(必須)
初回トライアルレッスンお申込みお問合せ

お申込みの方はレッスンご希望日と時間帯をご記入ください。
第1希望

第2希望

第3希望

今後、ニュースレターやお知らせをお送りしてもよろしいでしょうか?(必須)
はいいいえ