8/7~ 立秋(りっしゅう)|秋の気始めて立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏真っ盛りの日々にいきなりですが、

8/7は立秋(りっしゅう)です。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


立秋(りっしゅう)|秋の気始めて立つ 8/7頃

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)

8/7は立秋。

暦の上では秋の始まりです。

この暑さの中で「どこに秋???」と思いますよね。

この日が暑さの頂点となり、徐々に秋の気配が立ち始めるという意味なのです。

これ以後は残暑なのだと言われたら、「はぁ~・・・」と納得するしかありません。

ということで、立秋を過ぎたら「残暑見舞い」ですよ。

涼風至(すずかぜいたる)8/7頃 立秋・初候

「涼し」という言葉は夏の季語です。

つまり、暑い中に吹く風だからこそ「涼しさ」を感じるのであって、涼しい季節になってから風が吹いても、涼しさは感じないということ。

現代人は、この忘れてしまった感覚を取り戻せるのでしょうか。。。

寒蝉鳴(ひぐらしなく)8月12日頃 立秋・次候

(この蝉は”ひぐらし”ではないかもしれません)

ひぐらしはお盆に近づく頃から、早朝や夕暮れに「カナカナカナ・・・」と鳴き始めます。

暑さの勢いが衰えるのと、カナカナカナ・・・の鳴き声がリンクして夏の終わりを感じます。

蒙霧升降(ふかききりまとう)8/17頃 立秋・末候

朝のひんやりした空気の中、霧が立ち込めるようになる頃。

「霧」は秋。

春は「霞」と呼びます。

立秋の旬を味わう

実りの秋に向けて果物が美味しくなる頃です。

自然の恵み、天然スイーツを満喫しましょう。

西瓜(すいか)

早生のものは5月下旬から出回る西瓜(すいか)ですが・・・

西瓜(すいか)は秋の季語です。

梅雨開け後のまぶしい陽射しを浴びて熟したのもが旬!
天然スイーツとも言うべき甘いジューシーな西瓜本来の味になります。

西瓜は完熟したものを選びすぐに食べる

スイカを美味しく食べるポイントは、完熟したものを選び、すぐに食べること。

西瓜は熟れた食べ頃で収穫されます。
追熟(収穫してから熟すこと)しません。

店頭には食べ頃が並んでいるので、買ってきたらすぐにいただきましょう。

西瓜は食べる1時間前に冷蔵庫に入れる

西瓜を美味しくいただくポイントはもうひとつ。

それは、8~10度の適温でいただくこと。冷やし過ぎると甘みが弱くなります。

目安として、食べる1時間前から冷蔵庫に入れるとちょうどよいです。

とは言え、カットしたものや、一旦包丁を入れたものは冷蔵庫で保存して翌日には食べきりましょう。

西瓜は、疲労回復や利尿作用があるカリウムが豊富です。

アイスクリームやシャーベットなど冷たいスイーツもいいですが、自然の恵みは格別です。

旬を味わって夏を乗り切りましょう!

forest17.com

お盆のお供えに欠かせない桃は秋の季語。

夏から初秋にかけてが旬です。

甘い香りが立っている桃を選ぶ

美味しい桃の選ぶポイントはまず香り!

甘い香りが立っているものを選びましょう。

色を見るポイントは、ふたつです。

  • 緑がかったものはまだ未熟。
  • 黄色みを帯びてきているのは鮮度が落ちている。

傷があったり、茶色っぽくなった部分があるものは、もちろん避けましょう。

桃のきれいな切り方

桃はとても柔らかくジューシーなので、皮の向き方や切り方が難しいと敬遠される方がいらっしゃるようです。

でも、この方法なら簡単にきれいにカットできます!

いくつかヴァリエーションがありますが、この映像が一番シンプルでわかりやすいです。

ぜひご覧ください。

桃の果糖はすぐにエネルギーになる

暑い季節に美味しくなる桃の主成分は果糖です。果糖は、体内で代謝の過程を経ずにすぐにエネルギーとなるので、 疲労回復には即効性のある有効な栄養源なのです。

果物に多いカリウムは、桃にも豊富に含まれます。カリウムには長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きがあります。

さらに、桃に含まれる水溶性食物繊維は整腸作用や便秘予防に効果があります。

「身土不二」という言葉がありますが、旬の野菜や果物は人間に身体に合うようにできているのですね。

まさに自然の恵みです。

まとめ

秋の気立つ・・・

そう言われても、まだまだ暑い日が続きます。

残暑を凌ぐ工夫と、涼しい季節を迎える身体の準備と・・・

季節の変わり目を意識して過ごしたい頃です。

⇒ 8月23日は処暑

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

ニュースレター『季節を聴く』
軽やかに、しなやかに・・・ 流れに乗って運気を上げたいなら、自然に接し、自然に学ぶこと。 季節の姿を目で見るだけではなく、 風...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪