鳥のさえずりをBGMに本格アフタヌーンティーが楽しめるローズタウンティーガーデン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥のさえずり、川のせせらぎ、葉擦れの音・・・

自然が奏でるBGMの中、緑の風に吹かれながら本格アフタヌーンティが楽しめる・・・

ローズタウンティーガーデンに行って来ました。

(写真撮影・ブログ掲載了承いただいています)


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


ローズタウンティーガーデンとは?

ローズタウンティーガーデンは緑あふれる青梅市にあります。東京都の西の方、いわゆる多摩地域とか奥多摩とか言われるところです。

アメリカ人夫妻が営む本格イングリッシュティーが楽しめるティーガーデン

ローズタウンのHPによると、

Rose Town Tea Garden は2012年にオープンしました。以前はウェディングチャペルとして使われていましたが、現在はTown夫妻が住んでおり、奥様のEdie さんが中心となってイギリス風ティーレストランを開いています。ヴィクトリア調の外観とバルコニーから眺める美しい奥多摩の山々と多摩川がお客様をお迎えします。20数種類の紅茶、季節のスコーン、デザート、サンドウィッチ、スープ、サラダ等の軽食のご用意があります。奥多摩の素晴らしい自然とアフタヌーンティーを楽しみに是非お出掛けください。

この言葉通りの素晴らしい時間が過ごせます。

都心を通り越して出掛ける価値十分ですよ!

電車のドアは手動で開ける|ローズタウンへの行き方

ローズタウンは、JR青梅線で新宿から1時間ちょっとの日向和田(ひなたわだ)から徒歩5分のところにあります。

この辺りは、秩父多摩甲斐国立公園とのことで、立川あたりから車内はハイキング装備の方々が増えてきます。

・・・で、都心の電車に慣れている方にはちょっと注意があります。

新宿からの方は立川から先、横浜方面からの方は八王子から八高線経由の場合、この注意を知らないと乗れない!降りられない!という事態が起こり得るので説明します。

ドアはボタンを押して自分で開けて乗ります

立川先の青梅線と八高線内は、電車のドアは自動ではありません。

ドアの右側にあるボタンを自分で押してください。

発車時刻になれば自動でドアは閉まります。

降りる時も自分でボタンを押してドアを開けます

ドアの右側にこのようなボタンがあり、停車駅ではこのボタンが光ります。

光るボタンを自分で押してドアを開けます。

自動では開かないので注意してくださいね。

駅も緑の中。。。

日向和田は無人駅です

日向和田は無人駅です。

ワクワクしません?
テンション上がりますよね。

改札を出たら右へ。
そのまま5分ほど歩きます。

道路はふつーに舗装されているのでご安心ください。

十字架が目印の洋館

ほとんど車も通らないし、行き交う人もなく・・・

鳥のさえずりと風の音を聴きながら歩くこと5分・・・

元チャペルの十字架が目印の洋館がローズタウンです。

ドアを開けると・・・

自然光差し込むゆったりした空間が広がります。郊外ならではの贅沢。

グランドピアノと、写真には写っていませんがアップライトピアノもあって、サロンコンサートも開催されています。

こだわりのアフタヌーンティ

テラス席で本格アフタヌーンティが楽しめるってこんなに素晴らしいことはありません。

この建物は断崖絶壁みたいなところに立っていて、はるか下には川が流れています。

川のせせらぎ、

鳥のさえずり、

葉擦れの音・・・

自然が奏でるBGMに耳を澄まし、緑の風が薫る中、紅茶が運ばれてきました。

紅茶は20種類以上の茶葉から選べる

紅茶は入口に20種類以上のサンプルがあって、選べるようになってきます。

本日のおすすめというのもあります。

この日は「バッキンガムハウス」を選びました。

すべて手作りのこだわり料理&スイーツ

フードは、すべて奥様のローズさん手づくりでメニューはその日によって違うようです。

この「ローズガーデンセット」はこの3段重ねのアフタヌーンティセットとポットサービスの紅茶で、1,800円なり。

他に、

  • スープ&サラダをプラスした プリンセスヘザーセット( ¥ 2,800)
  • スープかサラダのどちらかひとつをプラスするレディーグレイスセット( ¥ 2,300)
  • ワンプレートのメイドエバレンセット( ¥ 1,500)

などがあります。

⇒詳しくはメニューをどうぞ。

さくさく、ほろほろ焼きたてスコーン

まずは焼きたてあつあつスコーン。

厳選された材料で丁寧に作られていることがよ~くわかる優しいお味です。

スコーンのほろほろ感、バターの風味、控えめの甘さが嬉しく、さらにクリームとジャムにも並々ならぬこだわりが感じられ、しみじみ幸せになります。

こだわりフィリングが楽しいサンドウィッチ

サンドウィッチは3種類(実際は各2ピースずつです)

全粒粉のパンに合わせたフィリングで大満足です。

  • 手前:きゅうりとハーブ入りクリームチーズ天然ハーブの爽やかさが紅茶にぴったり。
  • 左奥:ロースト野菜のペースト人参、パプリカ、カボチャをローストしてマヨネーズで合えたもの。新鮮な味と香り、見た目の優しい色を裏切る不思議なインパクトが楽しいです。もっと食べたかった(笑)
  • 右奥:チキンコンフィとレタスオリーブオイルのいい香りでふわふわチキンとシャキシャキレタスが楽しい。

やさしい甘さは心も身体も満たしてくれるスイーツたち

アフタヌーンティセットをいただくのはいいのだけれど、途中で甘ったるくて辛いものが欲しくなることありませんか?

ここローズタウンではそんな心配は無用!

最後まで美味しくいただけて、しかもあと口がとても爽やかです。

  • 奥:抹茶のムース自然の素材だけで作られたことがよ~くわかる美味しさです。
  • 手前左:カシューナッツのクッキーしっとり感のある絶妙な焼き具合のクッキーは何枚でも食べたい美味しさ。
  • 手前右:チョコレートケーキお口に入れるとほろほろ、チョコの香りが広がります。なめらかクリームとカリカリナッツの相性が絶妙。

目の前に広がるのはこの風景。

街中にも緑がありますけれど、やはりここまで来ると緑の野生度が違うというか、緑の色や香りが違います。

あ~、緑の香りだ・・・

深呼吸する度に、生き返るような感じです。

2時間ほどぼ~っとして、すっかりリフレッシュしました。

また来たい!

まとめ

BGMに風の音や鳥のさえずり、川のせせらぎが流れていて、緑の風に吹かれながら、本格的で、しかも身体に優しいアフタヌーンティが楽しめる・・・

ローズタウンティーガーデンは、そんな夢のようなところです。

ちょっと遠いですけれど、電車を降りて歩くのはほんの5分ですし、舗装されたふつーの道路なので、心配は要りません。

都心へ向かう時にはお洒落して、郊外はジーンズにスニーカーという思い込みを打ち破って、ホテルのアフタヌーンティと同じ装いで逆走してみるってちょっとした冒険です。

そんな小さなところから、何かが始まるに違いありません。

 

(写真撮影・ブログ掲載了承いただいています)

ローズタウンティーガーデン(Rose Town Tea Garden)

【ローズタウンティーガーデン】

  • 営業日:火、水、木、金、土
  • 営業時間 11:00~17:00
    (オーダーストップ 午後4時30分)
  • 住所:東京都青梅市二俣尾1-3-1
  • HP:http://rosetownjapan.com/
  • 最寄り駅:JR青梅線・日向和田駅から奥多摩方面(改札出て右)へ徒歩5分。
  • 電話番号:080-4187-1727

*フード・スイーツはすべて手作りなので、できれば予約して頂けると有難いとのことです。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら