4/5~ 清明(せいめい)|草木清明風光明媚 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青空に映える桜、
頬をなでる優しい風・・・

2018年4月5日は、二十四節気『清明』です。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


清明(せいめい) 草木清明風光明媚 

万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧)

清明は「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」の略。
清浄明潔とは、すべてのものが清らかで明るく生き生きしているという意味です。

爽やかな風薫る頃、七十二候では、空に目を向けます。

玄鳥至(つばめきたる)4月5日頃~ 清明・初候

玄鳥とは燕(つばめ)のこと。玄は黒を意味します。
燕が南の国から渡ってくる頃です。

燕が巣を作った家は栄える・・・と昔から歓迎されたそうですよ。

鴻雁北(こうがんかえる)4月10日頃~ 清明・次候

燕がやってくると、雁(かり)は北へ帰ります。
夏をシベリアで過ごし、寒くなると再び日本へ渡ってきます。

「雁首を揃える」ということばがありますが、雁は常に群れで行動します。
北へ帰る時期に、翼の骨折などで出発できない雁がいると、快復するまで群れは一緒に待つのだそうです。

そもそも雁は家族の絆が深く、 つがいの片方が死ぬとしばらくそばを離れないとか・・・

子雁は成鳥するまでの2〜3年の間親鳥がずっと一緒で、食事時には夫婦が交代で周囲を警戒し、また飛び方や渡りのコースなど付きっきりで伝授していくそうです。

飛ぶスピードも速いわけではなく、特に武器があるわけでもない雁は、弱さを自覚して絆で生きているのですね。

虹始見(にじはじめてあらわる)4月15日頃~ 清明・末候

雨上がりに虹が見え始める頃。
虹は、大気中の水滴がプリズムの役割をしてできるので、雨の日が増え、湿度が高くなると現れます。

その年初めて見える虹を「初虹」といいます。
春の虹は、淡く消えやすいですが、雨が多くなるにつれ、くっきりしてきます。

清明の旬を味わう

暖かくなり、食もぐっと春らしく華やかになり心弾む頃ですが、一方で新年度が始まって何かと慌ただしく、自律神経系の不調を感じる方も少なくありません。

そんな時こそ旬を味わい、ほっとひと息したいものです。

アスパラガス

forest17.com

色鮮やかで、穂先にユーモアを感じるアスパラガスは、春を象徴する野菜のひとつです。

春から初夏に出回る露地物は、香りも歯ごたえも旬ならでは美味しさを味わえます。

アスパラガスの選び方

野菜は鮮度が命!
新鮮なアスパラガスを選ぶポイントは3つです。

  • 穂先が締っていて曲がっていない
  • 根もとのまで張りがあり、切り口が新鮮
  • 色鮮やかな黄緑色の物が柔らかく美味しいです。

購入したらすぐに頂くのが一番ですが、保存する場合は冷蔵庫で袋に入れるかラップで包むかして、立てた状態で保存します。

アスパラガスの栄養成分は茹でても減らない優れもの

アスパラガスに含まれるビタミン類やカリウムなどは、茹でてもほとんど流失しません。

また、アミノ酸の一種で新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強に効果があるアスパラギン酸や、血管を丈夫にして高血圧や動脈硬化予防にも効果のあるルチンも含まれます。

酢の物

東洋医学では、春は肝機能が活発になり、エネルギーが体に満ちてくる時期とします。

「肝」の働きがうまく回らないと、イライラ・不眠・精神不安定など、自律神経失調症の症状が生じると言われ、肝臓の働きを助けるのが「酸味」なのです。

春は梅干し、かんきつ類など酸っぱいものをとるといいですよ。

forest17.com

二杯酢、三杯酢はバランスがとれた組合せ

肝臓を助ける酸味は、実は胃腸の働きを抑えます。
そこで、酢が立つのを抑えるために、酢に砂糖を入れて二杯酢にするのです。

しかし、甘い味は、腎臓の働きを抑えます。
ということで、登場するのが二杯酢にお醤油を入れて三杯酢です。

これでバランスが取れた組み合わせになるのです。

わかめやアサリなど旬の食材を三杯酢であえた酢の物は、心身の健康を整えてくれる、まさに春にたっぷり味わいたい一品なのです。

いちご

最近の子供たちは、いちごの旬はクリスマスだと思っているかもしれませんが・・・

いちごの本来の旬は3~5月です!!

いちごはヘタを見る

新鮮で美味しいイチゴを選ぶポイントは三つです。

  • ヘタ近くまで赤くむらなく色付いている。
  • 表面に艶があり産毛のようなものが残っているものを選びます。
  • ヘタが緑が鮮やかでピンとしていること。

イチゴは先の方が甘い

イチゴは、ヘタに近い部分よりも先の方が甘いって知っていましたか?

ヘタに近いほど、甘みよりも酸味を強く感じ、先に行くほど酸味よりも甘さが増します。

食べる直前にヘタをつけたままさっと水洗いして、ナイフの刃先でヘタの軸の部分までえぐり取ると、硬い部分も取り除くことができてより美味しくいただけます。

あなどれないイチゴのビタミンC

イチゴは、7粒食べれば1日に必要なビタミンCを摂取できるほどの含有量です。

ビタミンCは、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があることが知られています。

また、イチゴの赤い色素はポリフェノールの一種であるアントシアニンで、眼精疲労への効果が知られています。

子供の頃、田舎で暮らしていまして・・・

小さな家庭菜園があり、毎年新学期が始まる頃にイチゴの花が咲き、GW前後に真っ赤に実りました。

形も大きさも不揃いでしたが、畑で熟した、採れたてのみずみずしさと、キュン!となるような甘酸っぱさは、今でも忘れられず、あの味は、いちご狩りに行っても味わうことができません。

三つ子の魂百まで・・・

クリスマスにいちごが並ぼうと、
1月15日が「イチゴの日」になろうと、

私が旬にこだわり、イチゴのケーキが好きではないのは、子供の頃のあの味のせいです。。。

まとめ

桜は満開を迎え、やがて葉桜になり、
続いてつつじも開花し、
樹々は芽吹いて春爛漫・・・

清明の頃は、生命の息吹に希望を感じる季節です。

自然のフレッシュなエネルギーにあやかりたいですね。

 

4月20日は穀雨

 

 

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

ニュースレター『More music』
カフェやレストランはクラシック音楽が流れているようなところがいい・・・ お茶時間には静かにクラシック音楽を流したい・・・ In...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子
ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪