節分に1年の無事を願う|節分の由来や意味と風習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sozaing.com

2018年2月3日は節分。

旧暦では、節分は一年の最後の日、つまり”大晦日”。

翌日の立春から新しい年が始まります。

一年の節目である節分の風習である「豆まき」や「恵方巻」などの深~い意味とそこに込められた切なる願いを知ると、。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント


ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛する好奇心旺盛な永遠の”お子ちゃま”Inaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


節分とは?

節分には豆まき・・・
節分には恵方巻・・・

色んな風習があることはみんな知っていますが、ところで節分とは、何でしょう?

節分とは、文字通り「季節を分ける」という意味です。

節分は1年に4回ある

「季節を分ける」ということは、

冬と春
春と夏
夏と秋
秋と冬

4つありますよね。

そう、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日すべてが「節分」です。すなわち、

節分は一年に4回あるのです。

季節の変わり目である節分は、邪気が入りやすく病気や災いが起こりやすいからと古来より邪気祓い行事が行われてきました。

二月の節分は「大晦日」に当たる

もともと1年で4回ある節分ですが、なぜ2月の立春の前日だけが特別になったのでしょうか。

現代日本で使われている新暦では1年の始まりは1月1日ですが、旧暦では「立春」が新しい年の始まりです。

2月の節分(2月3日頃)には、大晦日と同じ意味があったのです。

1年を締めくくる最後の日として、立春の前日の節分が重要視され、やがて節分といえば立春の前日をさすようになりました。

「豆まき」は邪気祓い

ashinari.com

節分の行事といえば、豆まき。

どうして大豆を煎ってまくようになったのでしょうか。

そこには深い願いが込められています。

豆まきの由来

古代中国では、大晦日に桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事がありました。

「追儺(ついな)」と呼ばれる邪気祓いの行事です。

この行事が奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事となります。

その行事の中の「豆打ち」が江戸時代に「豆まき」として庶民の間に広がりました。

「豆まき」は豊作を願うものだった

「豆打ち」から「豆まき」へ変わったのはなぜでしょう?

「豆をまく」と「畑にマメを蒔く」がリンクし、豊作を願ったいわれています。

現代のように輸入などなかった時代には、自分たちの食べるものは自分たちで作らなければなりませんでした。

作物が豊かに実るかどうかは文字通り死活問題だった時代に、切なる願いが込めた行事が「豆まき」でした。

豆まきで鬼を追い出し無病息災を願う

「鬼は外!福は内!」

豆まきで追い出す鬼とは、邪気や厄の象徴です。

古来、災害・病・飢饉などの恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられてきました。

豆まきで鬼を追い出すことで、邪気を祓い、一年間の無病息災を願ったのです。

豆まきの作法

幸せな生活を願った「豆まき」ですが、実はこんな厳格な作法がありました。

  1. 煎った大豆を三宝か升に入れて神棚に上げる。
  2. 夜、玄関の戸や窓を開けて、年男か一家の主が「福は内、鬼は外」と豆をまく。
  3. 豆をまいて鬼を追い払ったら、すぐに戸や窓をしめる。
  4. 自分の数え年の数だけ豆を食べる。

4.の「自分の数え年の数だけ豆を食べる」だけが現代に残っているかもしれませんね。。。

なぜ煎った大豆を使うのでしょう

豆まきには煎った大豆を使います。

なぜでしょう?

大豆には、穀霊が宿るといわれました。

さらに豆が「魔滅」に通じ、豆を煎るが「魔の目を射る」に通じることから、願掛けの意味が込められています。

煎った大豆は「福豆」と呼ばれる縁起ものなのです。

福茶で豆の恩恵にあずかる

そんな「豆まき」も、現代の住宅事情では難しく、特にマンションでは外に豆をまくなどもってのほかですよね。

縁起物と言われても「歳の数プラス1」の豆なんて食べきれないよ~という方も、いらっしゃるでしょう。

でも、大丈夫!

福茶で豆の福を頂きましょう。

福茶とは

福茶を知っていますか?

大豆と梅干と昆布の温かい飲み物です。

元日に若水を沸かし、中に黒豆・結び昆布・梅干し・山椒(さんしょう)などを入れた茶。また、結び昆布と小梅干しに湯または煎茶を注いだもの。正月・節分・大みそかなどに飲んで長寿を祝う。コトバンクより引用

福茶はお正月、節分など喜ばしい時に感謝と願いを込めて頂くものです。

福茶は縁起物

福茶に使う材料は縁起ものとして意味があります。

  • 豆は「まめまめしい」
  • 昆布は「よろこぶ」
  • 梅は「松竹梅」の梅

豆は3粒使うのが習わしです。「3」は縁起のいい数とされているからです。

福茶の作り方

とにかくおめでたい福茶、作り方は簡単です。

<材料>(1杯分)

  • 福豆……3粒 (豆まきの豆。)
  • 塩昆布、または昆布の佃煮……適量
  • 梅干……1粒(種に注意!あらかじめ取除くのが安心です)
  • 熱湯……約180cc(お好みで緑茶や番茶でもOK)

<作り方>

  1. カップに、福豆、昆布、梅干しを入れる
  2. 熱湯(お茶)を注げば出来上がり。
  3. よく混ぜて、梅干しを崩しながら頂きましょう。

福茶、美味しいです

実際に試してみると、塩昆布と梅干の塩気が口当たりよく、昆布の風味と梅干しの酸味、そして豆の香ばしさに身体が芯から温まり、何ともほっこりと幸せな気分になります。

成功して満足するのではない。満足していたから成功したのである。

アラン『幸福論』より

幸せな気分は幸せを引寄せます。

福茶おすすめですよ。。。

あっ、言わずもがなですが豆は、砂糖や調味料で味付けしていないことをチェックしましょう!

恵方巻


節分の食事と言えば、恵方巻。

もともと大阪の風習でしたが、関東でも親しまれ、全国に広がっています。

恵方巻は大切なことが3つあります。

  1. 7種類の具を巻き込んだ太巻き
  2. 1人1本切らずに丸かじりする
  3. その年の吉方位を向いて黙って食べる

順に解説しましょう。

恵方巻には7種類の具を巻き込む

恵方巻は、本来は福が来てくれるようにと七福神にちなんで7種類の具を巻き込んだ太巻きです。

7種類には特に決まりはないようですが、太巻きの定番はこんなところでしょうか。

  1. 海老
  2. ウナギ
  3. 干し椎茸
  4. だし巻卵
  5. かんぴょう
  6. でんぶ
  7. きゅうり

恵方巻は1人1本、切ってはいけない

具には厳密な決まりがない恵方巻ですが、食べる作法は厳格です。

この作法こそが運が上がる縁起物として大切なポイントなのです。それは、

太く長いまま丸ごといただくこと。

恵方巻は切ってはいけません。

1人に1本ずつ用意し、切らずにかぶりついていただきます。

切らないことで、「縁を切らない」といういう願いが込められているのです。

その年の吉方位を向いて黙って食べる

恵方巻の作法としてもうひとつ大切なのが、その年の吉方位を向いて黙って食べるということ。

吉方位を向いて、福を巻き込んだ恵方巻をいただくことで福を存分に取り込もうという意図があります。食べながらおしゃべりすると、口からその福が逃げてしまうというわけです。

ちなみに、2018年の吉方位は南南東です。

たかが恵方巻、されど恵方巻・・・

時には願いが叶うことを祈りながら食べることに集中してみると新鮮な境地に至るかもしれませんよ。

節分の魔除け

ashinari.com

昔は節分の魔除けとして鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)を玄関に飾る風習がありました。

「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊」「柊鰯」「柊刺し」などの呼び名で知られます。

怖い鬼といえども苦手なものがあり、それが鰯(いわし)の臭いと、柊(ひいらぎ)のトゲと考えられていました。

鰯の頭を焼いてしっかり臭いが漂うものを柊の枝に刺し、玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにと魔除けをしました。

臭いの強いもの、トゲのあるもの、音のでるものは魔除けや厄除け効果があると考えられたようです。

そういえば、ドラキュラはニンニクとたまねぎが苦手ですよね。洋の東西を問わず人間の考えることは似ているのかもしれません。

節分の翌日はいよいよ立春、春がやってきます。

⇒立春 春の気始めて立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛する好奇心旺盛な永遠の”お子ちゃま”Inaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪