スマホカメラで背景がボケた写真を撮る2つのポイント

スマホカメラで撮影した写真は、背景がボケないと思っていませんか?

そんなことはありません。
写真アプリなしでもぼけますよ。

o0480064013356393771
2015年7月にiPhoneで撮影した写真です。

アプリで修正しなくても、これくらいは背景がボケるのです。

素人だって大丈夫!スマホカメラで背景をぼかせます

かく言う私は、フォトグラファーでも写真家でも何でもありません。

前職はピアノ教師、現在はコンサルタントです。⇒プロフィール

アメブロを活用してコンサルティングの仕事を始めるにあたり、「写真があった方が効果的!」という情報に接して、2014年春頃からiPhoneで写真を撮り始めました。

実は、子どもの頃から写真を撮られるのがあまり好きではなかったので、カメラにも写真にも全く興味がありませんでした。

実質、iPhoneとそれ以前に使っていたガラ携のカメラしか触ったことがありません。

そういう私がシャッターを切っても、これくらいはボケます。

繰り返しますが、アプリによる修正なしですよ。

o0480064013722930745

2016年初夏にiPhoneで撮影。

スマホカメラで背景をぼかすポイントは2つだけ!

スマホカメラで背景がボケた写真を撮るポイントはふたつだけです。

  1. 主役にできるだけ近づく。
  2. タッチフォーカスして主役にピントを合わせる。

順に解説しましょう。

主役にできるだけ近づく

2016年6月 鎌倉明月院にてiPhoneでパチリ。

修正していませんが、それなりにボケているでしょう。

観光地など人が多い場所での撮影には気を使いますが、背景の人物をぼかすことができると便利ですよね。

ポイントは、主役にできるだけ近づくこと。

この写真なら、一番手前の紫陽花に20cmくらいまで近づいています。

タッチフォーカスして主役にピントを合わせる

主役に近づいたら、ふたつ目のポイントは、

タッチフォーカスして主役にピントを合わせる。

タッチフォーカスとは、画面のフォーカスしたいポイントをタッチしてピントを合わせる事。

o0480036013723000216

なぜ、タッチフォーカスが必要かというと・・・

スマホカメラには「オートフォーカス機能」というものがあり、レンズを向けると自動的に「より中心に、より奥に」ピントを合わせようとします。

従って、背景をぼかすためには、手前にある主役にタッチフォーカスしてピントを合わせる事が不可欠なのです。

スマホカメラと一眼デジカメとの「ボケ」の違い

o0480064013701268869

2016年7月、言わずもがなのiPhone撮影。

スマホカメラで撮影しても背景はボケる。

そうは言っても、やはり、一眼デジカメなど高機能カメラで、上手な人が撮影した写真と同じようにはいきません。

なぜなら、そもそもスマホカメラと一眼デジカメは構造が違うからです。

具体的にはセンサーサイズの大きさ広角レンズ

スマホカメラのセンサーサイズは一眼デジカメに比べとても小さく、 広角レンズを採用しているので、 一眼デジカメに比べ、ボケにくい・・・

そういうことらしいです。

・・・と言われても、iPhoneのカメラしか知らない私には「???・・・」ですが、要するにスマホカメラは構造上、一眼デジカメのようにはボケないのです。

しかし、「センサーレンズの大きさ」と広角レンズによって、スマホカメラは一眼デジカメのようにはボケにくいというだけで、スマホカメラでもアプリなしで背景をそれなりにぼかす事は十分に可能ですよ。

o0480064013722930764

電車の中で、iPhone画面のシャルルにタッチフォーカスすれば、向こうの窓はボケます。

まとめ

スマホカメラが一眼デジカメと同じようにボケないのは、スマホカメラのセンサーサイズが一眼デジカメに比べとても小さく、 広角レンズを採用しているためです。

スマホカメラでも、このふたつのポイントでそれなりにボケます。

  1. 主役にできるだけ近づく。
  2. タッチフォーカスして主役にピントを合わせる。

o0480064013702162602

2016年7月撮影、もちろんiPhone。

写真のボケとピアノのペダルの意外な関係

スマホ写真での背景のぼかし方がわかったところで・・・

実は、この「写真の背景をぼかすこと」とアプリの関係で想い出すのがピアノのペダルなんです。

ピアノを弾く人たちは、「ペダルでごまかす」という言い方をします。

これは、ちゃんと弾けていないのを、ペダルで響かしてごまかすこと。
ペダルで響かすと、何となく鳴るので弾いている本人は気持ちいいし、それっぽく聞こえてしまうのですね。

もちろん、聴く人が聴けば弾けていないことがわかるので、実際にはごまかすことはできませません(笑)

でも、人間はとかく易きに流れるものなので、よくやってしまうのです。

14102427_920164874778165_6594217984457299083_n

2016年8月、しつこいですがiPhoneで撮影。

何を主役にして、どう撮りたいのかを曖昧にシャッターを切った写真をアプリで修正してぼかすのは、ピアノをぼけ~っと弾いてペダルでごまかすのにとてもよく似ていると思います。

写真の主役と背景の関係は、音楽の主旋律と伴奏に例えることができます。
そして、演奏も写真も大切なポイント、バランスの大切さは一緒だと想うのです。。。

ボケ~っと撮ると、背景はボケない・・・

関西人にオチは必需品です♪

シェアしてみんなでボケようヽ(^。^)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

DSC_8831(1)

伊奈葉子 / Yoko Ina
ヴィジョン・コンサルタント

アーティスト・クリエイターのための”夢と現実の幸せな関係を実現するコンサルティング”を展開しています。何より音楽が好き!美しいもの、面白いもの、美味しいと同じくらい読書と思索が好き!斬新な発想と戦略性が売りです。
詳しいプロフィールはこちら♪