10/23~ 霜降(そうこう)|霜結んで厳霜白し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝晩の冷え込みが強まり、露が霜に変わる頃・・・

10/23は二十四節気「霜降(そうこう)」です。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


霜降(そうこう)|霜結んで厳霜白し

pakutaso.com

つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)

朝晩の冷え込みに冬の気配を感じる頃。

露が霜に変わると、温かいものが美味しくなりますね。

霜始降花(しもはじめてふる)10月23日頃

北国では初霜が見られる頃です。

ビニルハウスなどない時代には、霜が降りるとひと晩で農作物が枯れてしまいました。
そのため初霜にはとても警戒したのです。

朝露が霜に変わる・・・

ほんのわずかの温度変化が決定的な違いを生む不思議に思いを馳せます。

霎時施(こさめときどきふる)10月28日頃

「霎」を「こさめ」と読むようになったのは明治以後、
江戸時代には「しぐれ」と読んでいました。

「しぐれ」は晩秋から冬にかけてパラっと降ってすぐに止む通り雨を言います。

「時々降る雨」=「時雨」

今も昔も、人は略したがるのですね。

楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日頃

楓(もみじ)や蔦(つた)の葉が色づく頃です

葉が赤色に変わることを「紅葉」
銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。

「もみじ」は「揉み出(もみず)」が変化したことば。
本来は、草木の葉の色が揉みだされるという意味で、特定の植物を差す名前ではありませんでした。

秋の山が紅葉することを「山粧う(よそおう)」といいますが、晩秋の紅葉した樹々の美しさは同時に葉が落ちるサインでもあります。

命の最期の輝きに、生命の神秘を感じます。

旬を味わう

「食欲の秋」の言葉通り、胃腸が元気になる季節です。

来たる冬に備えるために食欲旺盛になるのですね。

炊込みご飯

forest.com

夏の疲れも回復して胃腸が元気になるこの季節、来たる冬に備えるためにも食欲旺盛になるのは人間も自然の中で生きている証です。

ご飯を美味しく感じるのは、消化吸収がよく、すぐにエネルギーになり、かつ蓄えることもできるためで、脂肪も生きるためには必要なのです。

秋の味覚の栗やさつまいも、きのこやそろそろ出回る銀杏も入れての「炊込みご飯」は、自然の恵みと身体のバイオリズムの両方に適った食べ方です。

炊込みご飯は古米で炊く

炊込みご飯を美味しくいただくためのポイントはお米です。

炊込みご飯には新米ではなく古米を使いましょう。

お米は獲れたてよりも少し時間をおいて熟成させると味が落ち着き美味しくいただけます。
また新米は柔らかく瑞々しいので具と食感がなじみません。

新米は白いご飯としていただき、炊込みご飯は古米で炊くのがおすすめです。

洋梨

forest.com

ラ・フランスなど洋梨が並ぶようになりました。

ねっとりと甘い食感は熱い紅茶にもよく合います。

追熟して甘く美味しくなる洋梨

洋梨は青く新鮮な時に収穫し、その後2週間から1カ月追熟して食べ頃になります。

追熟により果実に含まれるデンプンが果糖やショ糖、ブドウ糖などの糖分に分解され、甘くなるのです。
更にビタミンBやCも多くなり、美容と健康の味方でもあります。

洋梨は形で選ぶな!

選ぶポイントは表面に傷が無く、均一な硬さのもの。
形がいびつなのは個性です。
味とは関係ありません^^

香りが漂い、軸の近くをそっと押してみて柔らかさを感じれば食べ頃です。

クリーミーな柔らかさと甘さはあとを引きます。。。

forest.com

寒くなると美味しくなるのが柿。

柿が赤くなれば、医者が青くなる

柿1個のビタミンCは一日の必要量に匹敵し、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があることで知られています。

二日酔いに効くと言われるのは、タンニンとビタミンCの働きにより血液中のアルコール分を外へ排出するためです。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」

と昔の人は言いました。

柿はヘタを見て選ぶ

選び方は、ヘタが果実に張りつくように隙間がなく4枚揃っているもの。
ヘタの色はなるべく緑が残っているものを選ぶ事。
しっかりと濃いオレンジ色で形が整っているものを選びましょう。

白く粉を吹いたようになっているものはブルームです。
ブドウなどでも見られるように完熟した果実によく見られる自然現象なので、品種により付いていた方が良い物もあります。

・・・果物屋さんと仲良くすると色んなことを教えてもらえます。

買い物上手の秘訣はコミュニケーション上手です。

まとめ

秋の深まりは、冬の気配を感じる頃でもあります。

おうち時間を心地よく過ごす工夫をしたいですね。

11月5日は立冬

 

 

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

ニュースレター『季節を聴く』
軽やかに、しなやかに・・・ 流れに乗って運気を上げたいなら、自然に接し、自然に学ぶこと。 季節の姿を目で見るだけではなく、 風...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子 ヴィジョン・コンサルタント

これは何?なぜ?どうして?・・・答えはどこかにあるはず。だから、本を探す、読む、考える、そして、試す。。。3回読む本しか買わないInaです。ピアノと音楽、季節の移ろいと日々のお茶時間をこよなく愛しています。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪