9/23~ 秋分(しゅうぶん)|秋の最中昼夜平分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さ寒さの彼岸まで・・・

2017年9/23(土)はお彼岸の中日、秋分(しゅうぶん)です。


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


秋分(しゅうぶん)|秋の最中昼夜平分 9/23

陰陽の中分となれば也(暦便覧)

9/23は秋分の日。

太陽が真東からのぼり、真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになる日です。
この日から徐々に日が短くなり、秋の夜長へ向かいます。

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)9月23日頃 秋分・初候

雷が鳴らなくなる頃。

春分に始まり夏の間とどろいた雷も秋の抜ける空に姿を消します。
「暑さ寒さも彼岸まで」の通り、残暑が落ちて「冷気」へと変わります。

蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)9月28日頃 秋分・次候

3月初旬の「啓蟄」から大活躍していた虫たちが土にもぐり、入口の戸をふさいで、冬ごもりの支度を始めます。

早朝、土の香りに漂う冷たさに寒い季節を予感する頃です。

水始涸(みずはじめてかるる)10月3日頃 秋分・末候

forest17.com

稲刈りの前には「落し水」と言って田んぼの水を抜きます。
稲が穂を垂れ、穂波が乾いた風になびく光景はまさに実りの秋です。

子供時代を田舎で過ごしたので思い出すのですが・・・

夏の間、近づくことを禁じられる田んぼのあぜ道は、稲刈りが近づいて水を抜くと通れるようになります。なぜなら、

  • マムシや蛇などの危険な存在が地中へもぐり安全になること。
  • 稲刈りに備えて、あぜ道の草刈りが行われるので、通りやすくなること。

まだ背の小さい子供時代にあぜ道を通ると、顔の前にある実った稲穂から黄金色の稲穂の香りが漂います。

秋の香りに、「機が熟す」とか「時が満ちる」の感覚を想います。

お彼岸

お彼岸とは春の春分の日、秋の秋分の日をはさんだ前後3日間、計1週間を指します。

そして、お彼岸の中日がそれぞれ春分の日、秋分の日にあたります。

今年2017年は彼岸の入りが9/20、彼岸の中日は9/23、彼岸明けは9/26です。

9月の第3月曜日が「敬老の日」になってから、お彼岸はシルバーウイークとしてにぎわうようになりました。

お彼岸は日本独特の行事

彼岸は日本特有の仏教行事です。

実は、仏教発祥の地インドをはじめ他の仏教国にはありません。

日本は、八百万の神々の国で、しかも神と仏の両方をまつるという独特の風土です。
それゆえ、太陽神を信仰する「日願」と仏教の「彼岸」が結びついたという説があります。

お彼岸にお墓参り

秋分の日は『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』として国民の祝日です。
お彼岸にはお墓参りに行きたいですね。

お墓参りは確実に運が上がります。
絶対におすすめです。

でも、遠くて行けない、色々と予定があって行けない・・・という方にも朗報があります。
「絶対に運気が上がります!お墓参りのすすめ」

絶対に運気が上がります!お墓参りのすすめ
    お墓参り行っていますか? 私は東京に暮らしていて、両親のお墓は滋賀県。 1年に2回ほどお墓参りに行くようにしています。 ...

 彼岸花

お彼岸の頃に咲く彼岸花、すなわち曼殊沙華。

サンスクリット語で天界に咲く花という意味のこの花は、その姿形がとても不思議ですが、そもそも育ち方が変わっています。

「彼岸花はアマノジャク?!生育サイクルにびっくり!」

‎https://fantasieimage.jp/cluster-amaryllis/

秋分の旬を味わう

実りの秋、収穫の秋、食欲の秋・・・
美味しいものが増える季節、旬を味わいましょう。

涼しくなってくるとホクホクしたものが美味しくなります。
ということで栗食べたいですよね。

栗は食べたいけれど皮むきが大変という方、ひと手間かければ栗がコロン~♪と出てくる方法があります。

「簡単!きれいな栗の皮むき~指にも爪にもやさしい栗の皮むき」

簡単!指にも爪にもやさしい栗皮のむき方
栗を見ると実りの秋がやってきたことを実感しますね。 栗のほっこり優しい甘さは涼しくなる季節に嬉しい天然スイーツ! ・・・ですが、...

おはぎ

同じ材料で作るのに、春はぼた餅、秋はおはぎと呼ばれるのは、季節の花である春の牡丹、秋の萩にちなんでいます。

秋のおはぎは、収穫したばかりの皮が柔らかい小豆を使うので皮ごと食べる粒あんで作るのが古くからの習わしです。

その昔、砂糖が超高級食材だった時代にはお彼岸の中日のご馳走でした。

まとめ

暑さ寒さも彼岸まで・・・

次第に日が暮れるのが早くなるのを感じる頃です。

秋の夜長を楽しむ季節がやってきます。

⇒ 10月8日は寒露

 

 

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

Inaのニュースレター『More music』
Inaのニュースレター『More music』は、 クラシック音楽に親しむトピックを中心に 二十四節気に合わせて月2回配信しています(無...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら