3/21~ 春分(しゅんぶん)|春の最中夜昼平分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年3月21日は春分の日。

暑さ寒さも彼岸まで・・・

足踏みしていた春もようやく本番です。


この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


春分(しゅんぶん) 春の最中夜昼平分

 

日天の中を行て昼夜等分の時也(暦便覧)

春分の日は、太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜がほぼ同じ長さになります。

この日から徐々に昼が長くなり、春が加速していきます。

雀始巣(すずめはじめてすくう)3月20日頃~ 春分・初候

雀が巣を作り始める頃。

多くの小鳥たちが繁殖期を迎え、様々なさえずりが聴こえるようになります。

桜始開(さくらはじめてひらく)3月25日頃~春分・次候

桜の花が咲き始める頃。

桜は、夢のように美しく咲き、儚く散っていく様から「夢見草」とも言われます。

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)3月30日頃~ 春分・末候

季節の変わり目で大気が不安定になることで雷が鳴り始める頃。

春の訪れを告げる雷は、雪や雹(ひょう)を伴って嵐になることもあります。

春分と彼岸

2018年の春分の日は3/21(水・祝)。

お彼岸とは、春分の前後に3日ずつ加えた7日間のこと。

春分の日は、お彼岸のまん中の日なので「お彼岸の中日」と言います。

お彼岸とお墓参り

お彼岸といえば、お墓参りですね。

なぜでしょう。

昔の人は、極楽浄土は西にあると考えていました。

春分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の時間がほぼ等しくなります。(実際には昼時間の方が長い)

そのため、太陽が真西に沈むこの日は、最も極楽浄土に近づける日として法要やお墓参りなどの仏事を行うようになったようです。

お墓参りしましょうね。

⇒絶対に運気が上がります!お墓参りのすすめ

「彼岸」という言葉にはふたつの説がある

彼岸ということばはどういう意味なのでしょうか。

実は、2つの説があります。

彼岸と此岸

彼岸とは、三途の川をはさんで向こう側の仏様の世界であり、悟りの世界です。

対して、こちら側の煩悩に満ちた人間の世界を此岸(しがん)と言います。

日願が彼岸になった

彼岸の言葉の由来は、もうひとつあります。

春分(秋分)は、この日を境に昼夜の長さが逆転する節目の日です。

これにちなんで、日に願うから日願⇒彼岸になったとも言われます。

ということで、お墓参りです。

絶対に運気が上がります!お墓参りのすすめ
    お墓参り行っていますか? 私は東京に暮らしていて、両親のお墓は滋賀県。 1年に2回ほどお墓参りに行くようにしています。 ...

自然をたたえ慈しむ日

春分の日がいつから祝日になったのでしょう。

もともと春分の日には五穀豊穣を祈り、 秋分の日は実りある収穫に感謝する習わしがあり、それが明治時代に皇室行事として「春季皇霊祭」とされ、一般市民の間でも祭日とされました。

戦後GHQにより、神道の意味合いが強いとの勧告を受けて、「春季皇霊祭」は「春分の日」と改められ、「自然をたたえ慈しむ日」となったのです。

・・・皇室では今なお 、天皇陛下により「春季皇霊祭」が執り行われています。

春分の旬を味わう

お彼岸には和菓子が似合いますね。

ぼた餅

 

和菓子屋さんで「おはぎ」として売られていますが実は、季節により呼び名が変わります。

  • 春は牡丹の花が咲いているから「ぼた餅」
  • 秋は萩の花が咲いているから「おはぎ」

こしあんと粒あんも、本来は季節のものでした。

餡の小豆は秋に収穫されるので、春はかたくなった皮を取ったこしあん、秋は皮ごと使った粒あんを使っていたのです。

つまり、

  • 「ぼたもち」はこしあん
  • 「おはぎ」は粒あん

あんも季節によって違ったのです。

私は黒ごまときなこが好きです。

蓬(よもぎ)

草餅が美味しい季節になりました

蓬(よもぎ)は、純性日本のハーブ。

若い芽は草餅のほか、おひたしや天ぷらにもおすすめとのこと。
成長したものはお灸の「もぐさ」にも使われます。

旺盛な繁殖力から、邪気を祓う力があるとか・・・

香りには、リラックス効果があり、蓬風呂は冷えや疲労回復、腰痛などにも効くそうです。

桜餅

花も葉も独特の香りと風味を持つ桜のお菓子。

桜の花を愛でて味わうのは格別です。

桜の葉は食べる?食べない?

桜餅に使われる葉は、桜の葉なら何でもいいわけではないって知っていましたか?

オオシマザクラの葉にしか、あの独特の香りは出せないそうです。
桜餅、道明寺、長命寺などの葉を食べるか食べないか、議論になりますが・・・

調べてみると、和菓子屋さんのスタンスはさまざまでした。

  • どうぞお召し上がりください
  • できればはがしてお召し上がりください
  • お好みでどちらでもどうぞ

とお店によるようです。

ちなみに、私は基本食べる派です!(^^)!

桜の葉について知っておきたいこと

とは言え、ちょっと知っておいた方がいいことがあります。

実は、桜の葉を塩漬けにするとクマリンという成分が生成されます。

このクマリンは食品添加物として認められていないので、たくさん摂取しすぎない方がいいとも言われます。

桜の葉を食べる食べないに知っておきたいミニ知識です。

まとめ

春分の日を過ぎるとぐっと春めいてきます。

桜も開花し、春爛漫ですね。

一年の中でも、最もうるわしい季節を満喫しましょう。

⇒ 4月5日は清明

 

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

二十四節気に合わせて月2回季節の便りをお届けしています。

ニュースレター『More music』
カフェやレストランはクラシック音楽が流れているようなところがいい・・・ お茶時間には静かにクラシック音楽を流したい・・・ In...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Ina / 伊奈葉子
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛するInaこと伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪