9/9は重陽の節句|不老長寿と繁栄を願う日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月9日は重陽の節句、別名「菊の節句」です。

節句と言えば、

  • 3/3:桃の節句(ひな祭り)
  • 5/5:端午の節句(子供の日)
  • 7/7:笹の節句(七夕)

9/9「重陽の節句」は、これらに比べると現代ではなじみが薄いかもしれません。

でも、実は重要な節句なのですよ。

重陽の節句についてご紹介します。


この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina

ピアノと音楽、自然とお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら♪


重陽(ちょうよう)の節句とは

重陽の節句の「重陽」とは何でしょうか。

太陽が重なる???

いえいえ、重なるのは太陽ではありません。

縁起を担ぐのは、人間の習性なのかと納得する面白い理由があるのです。

節句とはめでたい数字=奇数が重なる日

縁起といえば、「数字」。

画数とか、吉数とか「数」へのこだわり、何気に無視できませんよね。

たとえば、

「7」は”ラッキーセブン”と喜ばれ、

日本では、「4」は”死”に通じ、「9」は”苦”に通じると嫌われる傾向にあります。

キリスト教圏の一部では、「13」が”13日の金曜日”に象徴されるように嫌われますよね。

・・・で、古来中国では、奇数は”吉”を表す陽数、偶数は”凶”を示す陰数と考えられました。

陽数である奇数が重なる日はめでたい日。

めでたい日を祝うのと同時に「陽極まりて陰となる」のように不吉につながることを恐れて邪気祓いをしたのが節句の始まりです。

3/3、5/5、7/7、そして9/9に、1/7を加えた5つが五節句(五節供)です。

9/9は不老長寿と繁栄を願う日

9/9は、五節句の中でも一番大きな陽数(奇数)が重なります。

「陽」が重なる=重陽

「重陽の節供」と呼ぶようになり、不老長寿と繁栄を願うようになりました。

なぜ重陽の節句には菊の花なの?

「重陽の節供」は菊を飾ることから、別名「菊の節供」と呼ばれます。

なぜでしょう。

菊はその香りで邪気を祓い、長寿をもたらすおめでたい花とされました。

平安時代には宮中行事として菊を眺めながら「菊酒」を楽しむ宴も行われたようです。

また、旧暦の9/9は現在では10月中旬にあたり、菊の花の旬でもあります。

そこから、重陽の節句が菊に結びつきました。

明治時代に入り(現代使われている)新暦に変わり、9/9はまだ暑く菊の花はつぼみです。

こうして9/9と菊が結びつかなくなり、季節感がなくなったため「重陽の節句」が盛り上がらなくなっていきました。

重陽の節句の祝い膳

forest17.com

お祝いといえば、「食」。

重陽の節句は、秋の収穫期と重なることで祝い膳を楽しむ風習がありました。

菊の花を愛でるのは後回しにして、味覚で祝いましょう。

重陽の節句の祝い膳の手軽にできそうなメニューを見つけました。

  • 栗ごはん
  • 焼きナス
  • 菊の花のおひたし
  • 菊と春菊のお吸い物

簡単!時短!な料理専門の私Inaにもできそうなレシピです。ぜひご覧ください。

重陽の節句の祝い膳について、紹介していきます

秋と言えば栗。でも皮をむくのが大変で・・・
そんな方はぜひ一度試してみてください。本当にコロンと栗が出てきますよ。

簡単!指にも爪にもやさしい栗皮のむき方
栗を見ると実りの秋がやってきたことを実感しますね。 栗のほっこり優しい甘さは涼しくなる季節に嬉しい天然スイーツ! ・・・ですが、...

まとめ

古来中国では、奇数は”吉”を表す陽数、偶数は”凶”を示す陰数と考え、陽数である奇数が重なる日はめでたいと同時に「陽極まりて陰となる」のように不吉につながることを恐れて邪気祓いをしたのが節句の始まりです。

3/3、5/5、7/7、そして9/9に1/7を加えた5つが五節句(五節供)です。

中でも一番大きな陽数(奇数)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節供」、不老長寿と繁栄を願うようになりました。

重陽の節句は、秋の収穫期と重なることで祝い膳を楽しむ風習がありました。

自然も秋の装いになっていきます。
知っているようで知らない「秋の七草」徹底解説です。

秋の七草は春の七草よりも歴史がある
まだまだ暑い日が続きますが、 虫の音が聴こえるようになると、野山は「秋の七草」で彩られます。 秋の七草とは 秋の七草とは以下の...

秋と言えば栗。コロンと栗が出てくる皮のむき方をぜひお試しください。

簡単!指にも爪にもやさしい栗皮のむき方
栗を見ると実りの秋がやってきたことを実感しますね。 栗のほっこり優しい甘さは涼しくなる季節に嬉しい天然スイーツ! ・・・ですが、...

四季と二十四節気はこちら

四季と二十四節気
季節は、移ろうからこそ美しく、 そこに自然の摂理に見ることができます。 季節の移り変わりを表す二十四節気をご紹介します。 二十四...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow me!

この記事を書いた人

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
ピアノと音楽、自然とアートとお茶時間をこよなく愛する伊奈葉子です。慶應義塾大学文学部卒業。詳しいプロフィールはこちら